今だからこそ語れる「正社員・副業・フリーランスに向けたプログラミング言語の選び方」

2021.12.27

2021年11月10日、【今だからこそ語れる「正社員・副業・フリーランスに向けたプログラミング言語の選び方」】というテーマのオンラインセミナーを開催しました。 20年以上のベテランエンジニアが自身の経歴とプログラミング教室でのメンターの経験を生かし、言語の違いを説明いたしました。 そのセミナーの概略をレポートいたします。

イベント内容

プログラミング教室 tech boostのシニアアドバイザーかつ、キャリア20年以上のベテランエンジニア古川が登壇し、セミナーを実施いたしました。 当日はたくさんの方にお集まりいただき、アンケートでは「全体を網羅していて面白かった」とご意見をいただきました。

【アジェンダ】
1. プログラミング言語とは?
2. プログラミング言語の歴史
3. 用途別プログラミング言語と求人数
4. あなたが習うべき言語とは?

登壇者:古川 嘉弘
tech boost シニアアドバイザー 初心者でも理解できる教材の監修を担当

プログラミング言語とは?

図は現在あるプログラミング言語の一部。
キャリア20年以上の古川でも、全ては把握しきれていないほど、たくさんの種類があります。

それぞれの言語を調べ、どんなサービスに携わることができるか整理し、求人を調べ、転職対策をする。未経験者が全て1人で考えるのは限界があります。

あなたが習うべき言語とは?

プログラミング教室tech boostでは、学習時間・予算・学習後のプログラミングの活用・勤務地・転職先の希望に応じて、あなたにぴったりの言語をご提案します。現役エンジニアがメンターとして徹底サポート!

まずは無料カウンセリングにてご相談ください。

無料カウンセリング Contact
PAGE TOP

お得な給付制度について

tech boostは専門実践教育訓練給付制度の対象スクールです。
給付金制度を利用することで、国から受講料の最大70%の支給を受けて学習することが可能です。

一定の条件を満たした方に支給されます(給付金受取詳細事項は無料カウンセリング時にお伝えいたします)

対象コース

ブーストコース (Ruby・PHP)※1

受講料:422,400※2

70%OFF※3

実質:126,720

※1受講期間3ヶ月、メンタリング4回の場合のみ対象

※2料金は税込の表記になります

※3助成金をご利用いただくことで実質70%OFF

最大

295,680

支給

スクール名:tech boost | 教育訓練実施者:株式会社Branding Engineer
講座名称:ブーストコース(Ruby) 指定番号:1312001-2220021-4 | 講座名称 ブーストコース(PHP) 指定番号 1312001-2220011-1

受給の主な条件

受給開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること

在籍中、または離職後1年以内であること

初めて受給する方の場合。2回目以降は条件が異なります

その他詳細は無料カウンセリングにてご確認ください

申請までの流れ

まずは無料カウンセリングで相談してみよう!