Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

【徹底分析しました】プログラミングで起業をするには

インターネット業界で起業がしたい、と考える人はとても多いです。その中で必要となってくる技術の一つがプログラミングと考える人は多いのではないでしょうか。プログラミングを学び起業に活かすためにはどのようなことが必要なのでしょう。

プログラミングを学ぶ強さ

起業がしたい、と漠然と考え始めた時に頭に入れておきたいことはプログラミングを学ぶという選択肢です。

プログラミングができるということは起業をするということにおいて大きな強みとなります。どんなインターネットビジネスモデルを掲げるとしても、あって損はない技術がプログラミングです。

起業のハードルが下がる

起業をするにあたり、大変になってくることは仲間を集めるということです。いくらアイディアがあっても形にしてくれる人がいなければできません。しかし、自分のアイディアを自分で形にしてしまうことができれば起業のハードルは一気に下がるでしょう。

自分で全てができるようになってしまえば、一人で戦っていくことができます。

アイディアがそのまま形になる

先ほども記述した通り、アイディアを形にするということは自分の頭にあるものを外に出す必要があります。それは外注するときには細心の注意を払って言語化しないと思ったものを作ることができません。

また、自分で作り出すことができればコストもかかりません。まず、起業をしてみようと考えたときには自分で作ってみるということがいい選択肢であると言えます。

目に見えることで説得力が増す

起業をするために仲間や協力者を探すときにもプログラミングができるということはとても便利です。なぜなら、ビジネスモデルを目に見えるものとして作ることができるからです。

人は言葉だけで納得することは難しいです。しかし、プログラミングができればある程度の形にして見せることが可能になってきます。説明をするときにも説得力が増しますし、作り上げていく際も自分の意見が言いやすくなりスムーズに進みやすくなります。

進捗管理ができる

自分自身でプログラミングの知識がないとプロダクトの進捗管理をすることができません。それは会社としてはとても致命的な欠点になってしまいます。

何がどこまで進んでいるのか、スケジュール管理であったり仕事量の配慮であったり、全ての管理をするトップならではの仕事はプログラミングの知識がないと管理ができないと言えるでしょう。

また、何か問題点やプロダクトの進捗が悪かったとしても対策が立てやすくなります。

プログラミングで起業するということ

プログラミングを使って起業するということはとても大変です。なぜなら、プログラミングには終わりがないため、突き詰めることができない業界だからです。

また、プログラミング業界は日々進歩しているためその進歩にプログラミングの勉強をしながらついていくということは努力が必要です。

資金は0円で大丈夫!?

起業をしたいと考えても、資金はなるべくかけたくないという人がほとんどではないでしょうか。

今の時代、SNSの発達により多くの情報を知ることができますが、ネットビジネスの起業の場合は詐欺まがいのものが多く含まれているため注意が必要です。

まず、資金は既存のシステムを使用するのであれば、なくても始めることが可能です。また、やはり自分自身でプログラミングをして形にすることで資金は0円でも始められるということになります。

起業するなら自分にあったモデルを

起業をすると一言で言っても、色々な分野があり、その中のインターネットビジネスに関しても多くのジャンルがあります。

起業がしやすかったり、しにくかったり、稼げたり、お小遣い程度であったり。自分が起業をしてどの程度稼ぐのかそのビジョンを持つことが大切です。

また、起業を通してなにになりたいのか、何をしたいのかその先を見据えることができているととても良いです。

プログラミングを使うことは正しいのか?

まず初めに、「ネットビジネス」や「ネット起業」をするにあたり、プログラミングの技術は不可欠と書きましたが・・・

・どのくらいの収入が欲しいのか?
・どのような活動をしたいのか?
・ビジネスを通して何を達成したいのか?


と言ったことを、自分の中で明確にしておく必要があります。むしろ、ここを何も考えず、例えば「簡単に稼げそうだから」言って手を出すと、必ずと言っていいほど成功しません。

本当にやりたいことがネットビジネスかどうか?それを自分の中で分析する必要があります。

いくら稼ぎたいのかで変わる

「月3万円くらいで良いから本当に簡単なものを…」と思って始めるのか、「起業するなら、少し大変でも真面目にやれば月100万円以上は稼げるもの」を選ぶのかによって、最適なビジネスモデルは違ってきます。

それはどこまで本気でネットビジネスと向き合うのか、どれくらいビジネスのことを極めたいのか、プラス今の生活状況によっても変わってくるでしょう。

その目標値が見えることによって自分自身がどこまでの技術を身につけなければならないのかを知ることができるでしょう。

ビジネスモデルは何があるのか

ビジネスモデルケース①

オークションやフリーマーケットビジネスで起業

オークション・フリーマーケットビジネスの一番のメリットは、商品が売れれば、数日で現金が得られるという、資金回収がすぐできるという点です。

特に、「せどり」と呼ばれる中古の売買は手軽に始められるため人気があり、ネットビジネスと言うとこのビジネスを思い浮かべる人多く、ビジネスを始める人もここから入る人も多いようです。

オークション・フリーマーケットは、

『今までインターネットでお金を稼いだことがない』
『インターネットでお金を稼げるなんて信じられない』
『これからネットビジネスを始めようと考えている』

このような人が一番始めに行うインターネットビジネスに最適です。

なぜなら、『実際に自分で商品を販売し、売上が入金されるまでの経験』がインターネットでの起業経験として何よりも重要となってくる業界だからです。

ビジネスモデルケース②

ネットショップ運営で起業

自分のネットショップを持ち、商品を売る物品販売労働型ビジネスです。

オークションやフリーマーケットとの一番の違いは自分のネットショップを持つという点です。オークションやフリーマーケットサイトでは、商品紹介ページなどが細かくカスタマイズできませんが、自分のネットショップであれば、細部にこだわり自分なりの工夫をしてショップを作ることができます。

この辺りからプログラミングの技術があった方がスムーズにいくことが増えてきます。

つまり、逆をいってしまえば①のビジネスモデルではプログラミングの技術はあまり必要ないと言えるでしょう。

なので、すぐに始めたい人は①のビジネスをしつつプログラミングを学び起業を視野に入れていくという流れがいいのではないでしょうか。

ビジネスモデル③

ライタービジネスで起業

ライターといってもいわゆる「外注サイト」で食べていくことではありません。ここで言いたいのは、「ブロガー」あるいは「セールスコピーライター」のことです。

ブロガーで起業して成功することは簡単とは言いません。ただ、不可能ではないのです。例えば、熱中していること、情熱のある分野で、その情報に十分な数の需要があれば、ブログを更新していくことで、広告収入やアフィリエイトで稼ぐことが可能になります。

そういった需要のある分野に長けている人に勧めたいのがライタービジネスです。

ここでもブログを作ることからプログラミングの技術は必要になってくるでしょう。ここで注意したいのがプログラミング言語が共通しているのかいないのか、です。

プログラミング、といっても様々な言語が存在します。そこで勉強を始める前にどんな言語があっているのかを見極めていく必要があるのです。

【PR】プログラミングを本気で学びたいならテックブースト

【徹底分析しました】プログラミングで起業をするには

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related