Search

検索したいワードを入力してください

swiftエンジニアの年収はいくら?年収は高いの?

初回公開日:2018年11月16日

更新日:2019年05月22日

記載されている内容は2018年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは、現在将来性が高いプログラミング言語として注目を集めている「swift」をご存知でしょうか。iOSなどのアプリを開発できることからswiftエンジニアに興味がある人も少なくはないでしょう。そこで今回は、swiftの年収や人気の理由を解説いたします。

エンジニアの平均年収はいくら?

現在、IT業界の成長によって他業種からエンジニアを目指す方が増えてきました。エンジニアに興味がある方が気になることと言えば、エンジニアの「需要」や「残業時間」などがありますが、多くの方が「年収」について気になっているのではないでしょうか。

エンジニアの年収は、各企業や職種によってさまざまですが、扱うプログラミング言語によっても異なります。今後システム開発において将来性が見込める言語であれば、その分その言語の需要や年収が高まっていきます。

では、「エンジニア」そのものの平均年収はどのくらいなのでしょうか。

ITエンジニアの平均年収はとても高い

近年、IT業界では市場の拡大によって深刻な人材不足に悩まされています。そのため職種問わず業界全体でエンジニアの需要が高まっており、プログラミングのスキルを持ち合わせている人材であれば他業界よりも比較的高い年収を得ることができます。

具体的な額でいうと平均して400万〜600万円程度。「エンジニア」と言っても扱うプログラミング言語によっても額が変わるので、もし未経験から高収入を狙いたいのであれば、現在需要がある言語をリサーチしてから学習するようにしましょう。

そもそもプログラミング言語Swiftとは

SwiftはApple製品のアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。Swiftでアプリケーションを作れるApple製品はiPhone、Macはもちろん、Apple TVやApple Watchも含まれます。

これらのソフトはもともとはObjective-Cという言語で開発されていましたが、Apple社自身が作った専用言語が、このSwiftです。また、FacebookはReactという言語を独自に開発しています。

Apple製品用の言語であると言いましたが、最近ではWEBアプリケーションやサーバーサイドなど使える範囲が広がってきており、今後さらに使われることが増えそうな言語の一つです。

Swiftを使うメリット

Swiftが多くのエンジニアに注目が集まっている理由の一つとして、「読みやすいコードを書くことができる」という点が挙げられます。「読みやすいコード」というのはプログラミングにとって非常に重要な要素であり、現在人気の高いRubyやPHP、Pythonなどもその特徴を持っています。

読みやすいコードは更新しながらアプリケーションを長く使っていくためには必須条件です。

また、Swiftはプログラミング初心者でも学びやすく、ほかの言語を学んでいた人でも自然に使いこなすことができます。今までiOSなどのアプリケーション開発に使われていたObjective-C言語との互換性があるのもSwiftが人気である理由の一つと言えます。

Swiftを使うデメリット

Swiftのデメリットとして、やはり歴史が浅いことが挙げられます。学習リソースは公開されているものの英語であり、国内でも使っている会社がまだ少ないため、他の言語と比べると情報が多くはありません。

また、Apple公式言語であるため可能性は低いですが、さらに新しいApple製品向けプログラミング言語が登場してそちらが普及する可能性もあります。

Swiftエンジニアの年収はいくら?

皆さんは「Swift」というプログラミング言語をご存知でしょうか。「Swift」は、Apple社によって公開された、iOS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。

Swiftは、2014年に公開されたばかりの比較的新しい言語で、近年エンジニアからの人気が高まっています。年収の平均額は550万円と比較的に高く、将来性も見込めるプログラミング言語として、これからエンジニアを目指す方にもオススメです。

Swiftエンジニアの仕事とは

Swiftでは、Mac、Apple TV、Apple WatchなどのiOS向けのアプリケーション開発をすることができます。

アプリケーションとは、普段皆さんが使っているTwitterやInstagramなどのSNSや、スマートフォン向けゲームなどのことを指しますが、Swiftではこの他にもさまざまなジャンルのアプリケーションを開発することができます。

また、Macアプリといえば業務効率化ツールなどのビジネスにおいて役立つアプリケーションがありますが、これらのツールもSwiftで開発を行うことができます。

SwiftとObjective-Cの案件の違い

前述の通りSwiftはまだ新しい言語のため、案件の割合としては新規開発が多いです。ほとんどだと言ってもいいかもしれません。Objective-Cからのリプレイス案件もあります。

一方Objective-Cも新規開発案件はありますが、すでに様々なアプリケーションがあるため、更新や機能追加などの改修が多くなっています。Appleの公式サポートがSwiftになっているため、今後は案件数が減っていくことが予想されます。

SwiftとObjective-Cの年収の違い

プログラミング言語別の年収については、株式会社ビズリーチが、同社が運営するスタンバイという求人検索エンジンのデータをもとに、毎年発表しています。2018年の調査では、Swiftが年収中央値550万円で8、Objective-Cはランク外となりました。

スマートフォンアプリ開発をしたいという会社は増えており、需要増加によるSwiftエンジニアの年収増加と見られます。

Swift年収が高い理由

先ほど、Swiftエンジニアの平均年収は550万円と他業界よりも高い水準にあることを言いましたが、その理由として、新しい言語であるSwiftを扱えるエンジニアがまだまだ少なく、需要に対して数が足りていない現状があるためだと考えられます。Swiftを扱えるエンジニアが少ない分、案件の単価や年収が高くなっているのです。

エンジニアとしてのポジション

Swiftは、2014年に公開された歴史の浅いプログラミング言語です。そのため他の言語と比べるとswiftで作られたアプリケーションはそれほど多くはありません。

swiftのエンジニアは皆が第一線で活躍する人であり、プログラミング初心者であれば今から学び始めてもその道で活躍できるチャンスがあるといえます。

Swiftの今後の活躍具合

近年、GoogleとFacebookがswiftの採用を考えていることを発表したことから、今後Swiftはさらに注目を集め、現在webアプリケーション開発において主流であるRubyやPHPと言った言語の中にSwiftが入る将来もそう遠くはないことでしょう。

また、これからSwiftの案件が増えれば、さらに仕事の幅が広がり、エンジニアとしてのスキルアップやキャリアステップにもつなげることができます。

活躍するために必要なこと

Swiftを習得できたとしても、その先エンジニアとして活躍できるのだろうかと不安に感じている方も少なくないでしょう。

エンジニアとして活躍をしていくためには、将来性を見抜く力や最新のIT技術情報を常に収集して仕事に活用できるかどうかが大切になってきます。

流行り廃りが激しいIT業界だからこそ、この先どんな技術が必要になり、どんなサービスを作れば成功するのかを見極めていきましょう。

エンジニアになるために必要な力

「エンジニアとして活躍するために必要なことは分かったけど、そもそも未経験者がエンジニアになれるものだろうか」と悩む方もいるでしょう。

エンジニアは、たとえ文系出身のIT未経験者でも十分に務まる職業です。もちろん、プログラミングの勉強は欠かせませんが、最近では実務や開発経験がなくとも採用を行なっているIT企業も増えてきました。

では、プログラミングスキル以外でエンジニアとして必要な能力はなんなのでしょうか。まず第一に、「論理的思考」ができるかどうかです。プログラミングは、自分がしてほしい処理をコンピュータにさせるために、必要なプログラム要素を適切な手順で組む作業です。「こうすれば、こういう結果になる」という思考ができるかどうかがエンジニアにとっては必要になってきます。

また企業に務める場合、システム開発はチームで行うことがほとんどです。その際、同じチームのメンバー、クライアント、他部署とのコミュニケーションが必要になってくるでしょう。一人で黙々と作業を行うイメージがあるエンジニアですが、未経験からの就職の際はしっかりと自身の「コミュニケーション能力」をアピールしておきましょう。

エンジニアになるためのステップ

未経験からエンジニアになるのに実務経験を問わない企業があることは言いましたが、プログラミングの学習は必ず行なっておきましょう。

何もスキルがない状態だと、企業からの評価や年収にも大きく影響を及ぼしますし、入社をしてからは通常の業務を行いながらプログラミングの勉強をしなけれなりません。

スムーズにエンジニアとして活躍していくためにも、入社をする前にプログラミング学習をしておくことをオススメいたします。

独学で学ぶ

では、「プログラミングの勉強って何をすればいいのかわからない」という方のために、プログラミング初心者にオススメの学習方法をご紹介いたします。

まず、プログラミング学習のオススメとして「プログラミング本」で学習する方法があります。プログラミングに関する書籍は数多く発行していますが、特に未経験者はイラストや表を豊富に使っている書籍を利用すると良いでしょう。

書籍での学習は、本さえあれば場所や時間を選ばずに行えるので、仕事や学業で忙しい方にもオススメできます。

【PR】プログラミングスクールに通う

プログラミングの学習方法として最もオススメするのは「プログラミングスクールに通うこと」です。未経験者でも数ヶ月で実務スキルを身につけることができますし、エンジニアを目指している方を対象に転職・就職サポートを行なっているところも増えてきました。

確実に、なおかつ短期間でエンジニアとして働きたい方は、ぜひプログラミングスクールに通うことをオススメいたします。

swiftエンジニアの年収はいくら?年収は高いの?

サイトで学ぶ

最近では、プログラミングの学習を目的としたwebサイトも増えてきました。豊富なイラストやクイズ形式などで、初心者の方でも楽しみながらプログラミング学習がしやすいような工夫がされています。

また、プログラミングの基礎レベルまでであったら無料で利用できるものが多いので、誰でも気軽にプログラミングを学ぶことができます。

友達に教えてもらう

もし、身近にプログラミングの知識を持っている知り合いや友達がいるのであれば、その人の教えてもらうのも一つの手でしょう。

エンジニアとしての経験があれば、仕事についての詳しい内容を聞くことができますし、エンジニアを目指すにあたってのアドバイスをもらうこともできます。

何事もまずは行動を起こすことが大切です。エンジニアを本気で目指している方は、ぜひ自分にあった学習方法を見つけて挑戦してみてください。

"tech boost"でプログラミングを学ぼう

swiftエンジニアの年収はいくら?年収は高いの?

Related