Search

検索したいワードを入力してください

プログラミングを学ぶメリットは?なぜプログラミングを学ぶのか

初回公開日:2018年10月29日

更新日:2019年05月22日

記載されている内容は2018年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

最近では、IT業界の急激な成長、2020年に小学校でのプログラミング教育必修化などに伴って、プログラミングという技術にも注目が集まってきました。今回は、「プログラミングを学ぶことによって得られるメリットは何のか」と疑問の方に向けて、解説をしていきます。

プログラミングとは

そもそも「プログラミング」とは、コンピュータに意図する処理や動作を指示する作業のことを指します。人間に指示を与える際には当然人間の言葉を使いますが、コンピュータに指示を与える際はコンピュータの言葉を使用しなければなりません。この言葉を「プログラミング言語」と言います。

プログラミングは、私たちの生活のさまざまな場面で活用されており、パソコンやスマートフォンで見るwebサイトや、テレビや電車など、今の私たちの生活にプログラミングは欠かせない存在となっています。

プログラミングを学ぶ理由

最近では、エンジニアという職業にも注目が集まって来るようになり、未経験からプログラミングを学び始める人も増えてきました。あのプロサッカー日本代表の本田圭佑選手がプログラミングを学び始めたというニュースも皆さんの記憶に新しいことでしょう。

そんなプログラミング学習の重要性が広まりつつある今、プログラミングを学ぶメリットと、その理由について解説していきます。

エンジニアになりたい

IT技術の急激な成長により、プログラミングやITエンジニアに注目が集まってきたことで、未経験からエンジニアを目指してプログラミングを学び始める人が増えてきました。もともとIT業界ではない職種の人や、文系で今までプログラミングに触れてこなかった人などが、エンジニア職の需要の高さや、高収入を狙うことができるメリットから転職や就職を希望してプログラミング学習をしています。

教養をつけたい

また最近は、エンジニアへの転職や就職以外にも、教養が身につくメリットがあるとして、プログラミング学習を始める方もいます。さらに、2020年に小学校でのプログラミング教育必修化がされることから、教養としてのプログラミングにも興味が集まるようになり、小さいうちからプログラミングを習わせたいと考える保護者の方も増えてきました。

プログラミングを学ぶメリット

多くの人がプログラミングを学ぶ理由について解説してきましたが、次はプログラミングを学ぶことで得られるメリットについてお話しします。先ほども言いましたが、2020年にプログラミングが必修化されることから教育分野において「プログラミングによって育まれるもの」に注目が集まってきました。では、具体的にはどんなメリットが得られるのでしょうか。

プログラミングでつく能力

まず今回は、プログラミング学習によって得られるメリットを4つをご紹介していきます。

メリット1 論理的思考

プログラミング学習で得られるメリットとして、まず「論理的思考が身につく」ことが挙げられます。プログラミングを行う際は、最終的にしてほしい動作や処理をさせるために、どのような技術や仕組みが必要なのかを理解しておく必要があります。また、「論理的思考」と聞くと「数学や理科の知識が必要」と感じてしまいますが、実際は文系の方でも「論理的思考」を得意とする方は多くいますし。プログラミングを行なっていくうちに育まれていく能力でもあります。

メリット2 忍耐力

次にプログラミング学習で得られるメリットは、「忍耐力が身につくこと」です。プログラミングは一つ一つロジカルに思考を働かせながらプログラムを組んでいく地道な作業です。より良いシステムを作るためには細かい部分に気を使わなければなりませんし、また納期なども厳守しなければなりません。それゆえに、サービスが世に出た時の達成感はエンジニアという仕事のやりがいと言えます。

メリット3 改善力

プログラミングを行なっていれば、エラーやバグが日常的に起こります。しかし、エンジニアにとって大切なのは不具合が起きた時にどれだけ迅速かつ正確に修正を行えるかです。また、プログラミング学習者は、次また同じような不具合が起こらないように工夫をする必要があります。さらに、たとえ自分が作りたい作品を製作できたとしても、次はまたそれよりも良いものを作ろうと心がける必要があります。このように、プログラミングを行うことで、物事を改善しようとする考え方が身につくメリットがあります。

メリット4 アイディア力

プログラミングは、人のアイディア力を育むことができます。エンジニアは「最終的にこういうサービスを作りたい」というイメージをもとに、それに近づけるにはどういう機能や仕組み、プログラミングを行えば良いかを考えます。また、こういう工夫をすればさらに良いサービスになるのではないかというアイディアを常に考えなければなりません。このように、プログラミングはアイディア力を身につけることができるメリットがあるとして、子供の創造力の育成においても重要視されています。

プログラミングを学ぶために

プログラミングを学ぶ方法はいくつかありますが、独学でプログラミング学習をしたいのであれば、「プログラミング書籍」や「プログラミング学習サイト」を利用する方法があります。

プログラミング書籍は、初心者向けのものから上級者向けの技術書や、プログラミング学ぶことで得られる教養についての書籍など様々なものがあるので自分の目的や興味にあった書籍を見つけることができます。また、書籍での学習は時間や場所を気にしないで学習ができるメリットがあるため社会人の方にもオススメできます。

プログラミング学習サイトでは、プログラミング初心者にも分かりやすいようにイラストや動画で解説しているものが多く、プログラミングの基礎を身につけやすいメリットがあります。

また、本気でエンジニアを目指すのであれば「プログラミングスクールに通うこと」を強くオススメします。未経験からでも短期間で実務レベルのプログラミングスキルが身につくメリットがあるほか、転職や就職のサポートを行なっていところもあるので、安心してエンジニアを目指すことができます。

プログラミングを学ぶメリット

上記では、教養の視点から見た「プログラミングを学ぶことで得るメリット」について解説していきましたが、次では、「プログラミングを学習してから得ることのできるメリット」についても解説していきます。

メリット1 社会に役立つスキルを身につける

プログラミングを学ぶことで様々な教養を身につけることメリットがあることを話しましたが、最もプログラミングを学ぶことで得られる大きなメリットは「社会に役立つスキル」が身につくことです。小学校でのプログラミング教育必修化の目的の一つとしてこれからの「第4次産業革命」を生き抜く力を育むことです。IT技術なしでは生きられない世の中だからこそ、国民一人一人がIT時代を乗り切る術を身につけておかなければなりません。

メリット2 論理的思考が身につく

これは先ほども言いましたが、プログラミングを学ぶことで「論理的思考」を身につけることができます。このスキルは、社会に出てからも求められるもので、「複雑なものを単純化して相手に分かりやすいように伝えること」ができたり、「現状を把握してその原因と結果を導き出し、常に最善の状態を保つための思考力」が身につきます。将来、社会人として活躍することができるメリットがプログラミングにはあると言えます。

メリット3 自由な働き方ができる

また、何よりもプログラミングスキルを身につけることができれば、どこに行ってもそのスキルを生かすことができるメリットがあります。IT企業への就職はもちろん、最近では自身のプログラミングスキルを活かしてフリーランスエンジニアとして働く人も増えています。

フリーランスでは、企業に勤めず個人で仕事を受注することができるため自由な働き方ができます。またプログラミングはパソコンとインターネット環境さえあれば行えるので、時間や場所を選ばずに仕事ができるメリットもあります。収入の面に関しては時期によって大きく差がありますが、案件が多かったり、規模の大きな案件を受けることができればかなりの収入を得ることも可能です。

【PR】tech boostでプログラミング学習をしよう

プログラミングを学ぶメリットは?なぜプログラミングを学ぶのか

Related