Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

女性でもプログラマーになれるのか

エンジニアやプログラマーという職業の需要が高まり続けている今、在宅勤務として最適な職業であることから「女性プログラマー」の存在が増えてきています。今回は、女性だからこそ目指して欲しい職業「プログラマー」の働き方について解説していきます。

女性でもプログラマーになれるのか

突然ですが、皆さんは「プログラマー」という職業にどのようなイメージをお持ちでしょうか。一般的に「プログラマー」といえば「理系の人がなる職業」「男性的イメージが強い」「激務である」といったイメージを持つ人が多いことでしょう。

しかし、近年IT市場の拡大や、女性の社会進出に伴って「女性プログラマー」の存在が認知されるようになってきました。また、プログラマーという職業は女性にも務めやすい職業でもあることから、エンジニアを目指してプログラミングを学び始める女性も増えてきました。

では、具体的にプログラマーのどのような点が女性に適しているのでしょうか。

IT業界の人手不足

プログラマーが女性にも務めやすい理由の一つとして、現在IT業界全体で人材不足が深刻化しておりプログラマーの需要が高まっていることが挙げられます。

現在、日本では人材不足解消のため、エンジニアやプログラマー育成を目的としたプログラミングスクールやサービスが多く開かれており、プログラミングスキルを持つ人材は貴重とされ企業からの求人も多く掲載されています。

復帰のしやすさ

職場への復帰がしやすいのもプログラマーが女性に適している理由の一つです。先ほども言ったとおりIT業界は深刻な人材不足に陥っているため、結婚・出産・育児休暇などで一度職場を離れたとしても、スキルを持つ貴重な存在としてまたプログラマーとして働くことが可能です。

男女差があまりない

エンジニアやプログラマーは技術職であるため、女性でもプログラマーとして高いスキルを持っていればキャリアアップに繋げることができます。

また、現在では女性の働き方も大きく変わり、女性でもプログラマーやエンジニアとして活躍できるステージが増えてきています。

女性でもプログラマーを目指すべき理由5つ

「プログラマーが女性でも働きやすい職業であることはわかったけど、結局他の職業の方が女性が働きやすい環境が整っているのではないか」と疑問に感じている方もいることでしょう。

確かに、女性の働き方が改善されつつある今では女性に適した職業は他にもあることでしょう。しかし、これからのIT社会を生き抜くための教養でもあるプログラミングを、多くの女性に学んでもらうために、次では「女性こそプログラマーを目指すべき」という理由をご紹介していきます。

理由1 職業の選択肢が広がる

まず、女性がプログラマーを目指すべき理由の一つとして、「どんな職業にも活かすことができる」という点が挙げられます。

エンジニアやプログラマーとひとくちに言っても携わる分野は多岐に渡り、webエンジニアやデータベースエンジニア、また今流行りのAI技術の分野など自分がやりたいことや学びたいことに合わせて学習してスキルを身につけることができれば、手に職をつけたものとして将来安定した仕事ができるようになります。

また、今の時代どんな業種の方でもIT分野の基礎知識は必要になってきます。エンジニアやプログラマーにならなくても身につけたITスキルは必ず役に立てることができるでしょう。

理由2 未経験でもなれる

プログラミングに対して「理系じゃなければ習得が難しそう」というイメージを持つ方が多いですが、実は、プログラミングは文系理系問わず誰でも習得できるスキルです。

現に文系出身の未経験者でも女性プログラマーとして活躍している方も多く、数学の知識に関しても一般的なwebアプリケーション開発であれば高度な知識を必要としません。

このように、未経験者でもエンジニアやプログラマーとして活躍できる点も魅力の一つと言えるでしょう。

理由3 プログラマーは年収が高め

エンジニアやプログラマーの年収については、個々のスキルレベルや各企業、案件によっても異なるため一概には言えませんが、IT業界の年収は他の業種よりも比較的水準が高いとされています。

平成28年の給与統計によれば、システムエンジニアの平均年収は592万円となっており、経験やスキルが豊富であれば20代でも800万円を超えることもあります。

理由4 フリーランスで働く選択肢ができる

「自由な働き方ができる」という点も女性がプログラマーを目指すべき理由の一つとして挙げることができます。

プログラミングスキルを身につけることができれば、フリーランスや副業としても活用することができ、主婦業の傍らに自宅で簡単に稼ぐことも可能になります。

現に女性プログラマーの中にはフリーランスとして活躍している方が多く、育児や家事で忙しくても仕事をすることができるプログラマーはぜひ女性にも目指していただきたい職業と言えます。

理由5 在宅ワークが可能になってくる

女性にとって、「プログラマー」という職業を目指す最大のメリットは「在宅で仕事ができる」ことでしょう。

出産や育児休暇などでどうしても会社に出勤ができない場合でも、自宅にいながら仕事ができるので、「まだ働いていたい」という女性にとっては非常に嬉しいことなのではないでしょうか。

どのような言語から勉強すればよいのか

プログラミング未経験者によくある悩みとして「どの言語を学べばいいか」ということがあります。プログラミング言語は世の中に約200以上もの種類があることから、最初の言語選びでやる気を削がれてしまう初心者の方も多いです。

プログラミング言語を選ぶ際のポイントとして、まず「自分がプログラミングで何をしたいか、どんなものを作りたいか」を明確にしておく必要があります。

各プログラミング言語は、それぞれで得意なことと不得意なことがあります。適当に言語を選んでしまった後で、「自分がやりたかったことができない」となってしまわないように、自分の目標を固めた上で言語を選ぶと、ポイントが絞りやすくなります。

需要の高い言語は案件も高い

プログラミング未経験者が在宅プログラマーとして稼ぐためには、学習するプログラミング言語選びが重要になってきます。

いくら頑張って一つのプログラミング言語を習得できたとしても、需要が少なく案件も少なかったら十分に稼ぐことはできません。

では、在宅プログラマーとして活躍できて、なおかつ初心者にもオススメのプログラミング言語はなんなのでしょうか。

言語1 Ruby

Rubyは、webアプリケーションの開発に特化したプログラミング言語で、シンプルなコードが記述できることからプログラミング初心者にも人気のある言語です。

また、「クックパッド」などの有名なwebサービスを開発した実績がある事から、Rubyの案件も多く、在宅プログラマーでも十分に稼ぐことができます。

言語2 php

phpは、スクリプト型のプログラミング言語で比較的簡単に使用することができることからプログラミング初心者にもオススメの言語です。

webサービスやwebアプリの開発に特化しており、クラウドソーシングサイトでの案件数も多いためフリーランスとして活躍しているプログラマーの方にも人気となっています。

女性もプログラミングスクールで勉強しよう

女性でもプログラマーになれるのか

いかがでしたでしょうか。ここまで「女性がプログラマーを目指すべき理由」と「在宅プログラマーにオススメのプログラミング言語」について解説してきましたが、プログラミング未経験者の方の中には、「そもそもプログラミングの学習の仕方がわからない」という方も多いのではないでしょうか。

プログラミングの学習方法はいくつかありますが、今回は未経験者の学習において最もオススメする方法をご紹介していきます。

プログラミングスクールに通うメリット

プログラミング未経験者が在宅プログラマーを目指す際にオススメする学習方法は「プログラミングスクールに通うこと」です。

では、数あるプログラミング学習の中でもプログラミングスクールに通うメリットは何なのでしょうか。

その1 オンラインでも受講できる

現在、多くのプログラミングスクールでは教室での受講に加え、どこでも学習ができるようにオンライン受講制度を設けているところが増えてきました。

オンラインであれば、近くにスクールがない方や、教室に通う時間がなかなか確保できない主婦の方でも自宅で学習を行うことができます。

その2 実践的なものを作ることができる

プログラミングスクールでは、独学では難しい実践的な内容を学ぶことができます。webアプリケーションを学ぶコースの場合、プログラミングの基礎から学んで、最終的にオリジナルのアプリケーションを作るところまでを学ぶことができるので、スクール卒業後にはwebプログラマーとして十分なスキルを身につけることができます。

その3 キャリアサポートもある

近年プログラミングスクールが全国的に増えた理由の一つとして、不足しているIT人材の育成が挙げられます。

ですので、ほとんどのスクールには転職や就職の支援を行なってくれるキャリアサポート制度が設けられており、ここの希望に合わせたキャリアを築くことができます。

もし、在宅プログラマーを目指すのであれば、ぜひ一度プログラミングスクールのキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

【PR】tech boostで女性プログラマーを目指そう

女性でもプログラマーになれるのか

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related