Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

在宅勤務でプログラミングする前に知るべき5つのこと

自宅で仕事ができる「在宅ワーカー」。近年では自身のプログラミングスキルを用いて在宅勤務をする「在宅プログラマー」が増えてきました。そこで今回は、在宅プログラマーになるために知っておきたいことや未経験からの学習方法について解説します。

在宅勤務ってできるの?

皆さんは「エンジニア」や「プログラマー」と聞くと。どんな印象を持つでしょうか。一般的には「会社の拘束時間が長い」「理系でないと勤めることができない」などというイメーシが強いことでしょう。

しかし、現在ではエンジニアやプログラマーの方でも「在宅で好きな時間に仕事をする」というスタイルが多くなってきました。

今回は、そんな「在宅プログラマー」という働き方について解説していくので、「自由に働いてみたい」「需要や将来性のある仕事に就きたい」という方もぜひ参考にしてみてください。

プログラマーは在宅勤務の中で一番稼げる

在宅勤務ができる職業というと、ライターやデザイナー、編集者などが浮かびますが、数ある在宅業務の中でも一番手堅いとされているのが「プログラマー」です。

現在、IT市場の急激な成長によってエンジニアの需要が高まってきました。しかし、市場が成長していくにつれてプログラミングを扱える人材が少なくなってきていることが問題視されています。

そうした中、プログラミングスキルを持つ人材は貴重とされ、滝年収で採用をする企業や単価の高い案件を依頼するなど、プログラミングスキルさえあれば稼ぎやすい環境になってきています。

仕事が多く、スキル次第では高い年収が得られる。まさに在宅で稼ぐにはもってこいの職業であると言えます。

在宅という選択肢

では、それほどまでに在宅勤務で「プログラマー」が適している理由はなんなのでしょか。第一に、プログラミングはパソコンとインターネット環境さえあれば作業をすることができるため、場所を選ばずに仕事ができるという点。

そして第二に、プログラマーの仕事の内である、SEからの設計図の受け渡しや動作テストの報告、また納品などの連絡も無料のツールで済ますことができる点。

そして第三に、先ほども言いましたが在宅でも稼ぐことができる点があります。
これらの理由から、企業に勤めている方やフリーランスとして活動されている多くのプログラマーが在宅での勤務をしています。

在宅プログラマーになるために知るべきポイント5選

この記事をご覧になっている方の中には、「在宅プログラマーに興味はあるけど、IT分野に関しては未経験だから難しい」「プログラミングを始めたいけど勉強の仕方がわからない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで次では、プログラミング未経験から在宅プログラマーになるための学習方法や、押さえておくべきポイントについて解説していきます。

ポイント1 プログラミングを学ぶ

当然のことですが、在宅プログラマーになるにはプログラミングができるようにならなければなりません。プログラミング未経験者の多くが「文系だから」とか「難しそう」という理由でプログラマーへの道を諦めてしまうことがあります。

しかし、プログラミングは文系の未経験者でも十分に習得できる技術です。現に今業界で活躍しているプログラマーの中にも文系出身者の方は多くいますし、エンジニアの深刻な人材不足からプログラミングを学習できるサービスやイベント、教室が増えて未経験者でも学習できる環境が増えてきました。

では、プログラミング初心者が学ぶべき、オススメのプログラミング言語は何がいいのでしょうか。

おすすめ言語1 Ruby

在宅プログラマーを目指す初心者の方には「Ruby」というプログラミング言語をオススメいたします。

Rubyは、webアプリケーションの開発に向いた国産のプログラミング言語で、シンプルで読みやすいソースコードを書けることからプログラミング初心者にも人気があります。

また、Rubyは「クックパッド」などの有名なwebサイトの開発に使われている実績があるため、多くの企業で扱われ需要の高い言語として多くの未経験在宅プログラマー希望者が学習しています。

おすすめ言語2 PHP

PHPは、webサービスの開発に特化したプログラミング言語です。こちらもRuby同様、シンプルなコードが書けることから多くの企業で扱われています。

また、複数のデータを保持しておける機能や型の自動変換機能があることからプログラミング初心者でも学びやすく、在宅プログラマーを目指す未経験者にもオススメできます。

ポイント2 プログラミングの学習方法を知る

プログラミング初心者にオススメのプログラミング言語についてご紹介しましたが、では実際にプログラミングの学習はどのように行えばいいのでしょうか。

現在、プログラミングの学習方法や環境は年々増えつつあります。今回はその中でも、特に代表的な学習方法をご紹介していきます。

学習方法1 書籍で学ぶ

プログラミングを独学で学習をする場合は、プログラミング書籍を利用する方法をオススメいたします。プログラミングの基本を学ぶことができる初心者向けのものから、深い分野を学ぶことができる上級者向けのものまであるので、自分のレベルに合わせた学習を行うことができます。

学習方法2 アプリやネットで学ぶ

また、最近ではアプリやwebサイトでプログラミングを学習できるサービスも増えてきました。プログラミング学習サイトの特徴としては、動画で学べるものやクイズ形式で楽しみながら学べるコンテンツが豊富にある点です。

小さな子供でも利用できるサービスもあるので、どんな方でも楽しみながらプログラミング学習ができます。

学習方法3 スクールに通って学ぶ

プログラミング学習の方法として最もオススメするのは、「プログラミングスクールに通うこと」です。独学とは異なり、専門知識を持ったメンターが学習のサポートをしてくれるので途中で躓いてしまうことなく最後まで学習を続けることができます。

また、ほとんどのスクールでは個人の希望に合わせたキャリア支援を行なってくれるので、在宅で仕事をしたい方にもオススメすることができます。

ポイント3 在宅勤務の適性があるか知っておく

在宅プログラマーを目指す人には、在宅で仕事ができる環境やスキルが必要になってきます。また、中には在宅勤務に対しての適性がなく、在宅プログラマーとして活躍できなかった人もたくさんいます。では、在宅プログラマーとして働くために必要な適正とはなんなのでしょうか。

判断基準1 家で1人で作業をこなすことができるか

在宅プログラマーは家で行う仕事です。これは人それぞれですが、会社勤務から在宅勤務に移り変わる際に、オフィスでないと仕事に集中できないという風になってしまうことが多いです。在宅プログラマーは基本的に一人で行う仕事なので、自分がどんな環境でも十分な仕事ができる体質なのかどうかを見直してみましょう。

判断基準2 自分のすべての管理をできるか

在宅で仕事を行うには自己管理能力が必要になってきます。請け負った案件をこなすためのスケジュールや給与の管理、またさらにスキルアップをするための学習時間など、自分の生活に加え仕事に関しても全て自分で把握管理をしていかなければなりません。逆に、自己管理能力が低い人は在宅勤務にはあまり向いていないと言えるでしょう。

ポイント4 案件獲得の方法を知る

在宅ワーカーは案件の方法を把握しておかなければなりません。特にフリーランスで働いている方は、企業で勤務している方とは違い収入が不安定なので閑散期でもうまく仕事を獲得していかなければなりません。では、在宅勤務を行なっているプログラマーは、一体どのようにして仕事を習得しているのでしょうか。

いきなり在宅勤務ではない

在宅勤務を行なっている方のほとんどは、以前会社に勤務していたことがある方ばかりです。クライアントとのヒアリングや、業務の回し方、また技術面に関してのノウハウを会社で吸収し、在宅に移った際にも問題なく一人で仕事ができる状態にしておかなければなりません。

会社からの紹介

また、在宅で仕事を取得する場合、ある程度の人脈を活かすことが大切になってきます。例えばフリーランスとして働くのであれば勤務していた会社から仕事をもらったり、起業をするなら会社から支援をしてもらったりと、在宅勤務で生活をしていくのであれば早期のうちに仕事を受注できるようにしておきましょう。

ポイント5 在宅勤務可能なサイトを知る

仕事の受注方法としてクラウドソーシングサイトを活用する方法もあります。信頼関係を築きやすい会社から受注できればそれが一番ですが、難しい方は受注のハードルが低いクラウドソーシングサイトを活用していることが多いです。

簡単な仕事から徐々にこなすことができれば、発注者からの信頼を得ることもできますし、クライアントからの紹介で別の仕事を受けることもできます。

現在では多数のクラウドソーシングサイトがあり、さまざまな在宅ワーカーに利用されています。では、在宅プログラマー初心者の方にもオススメのサイトはなんなのでしょうか。

サイト1 ランサーズ

ランサーズは、10年の歴史がある日本最大級のクラウドソーシングサイトです。ライティングやイラスト制作などさまざまなジャンルの案件が豊富で、システム開発分野に関しても小規模なものから大規模なものまで多くの案件が掲載されています。その使いやすさから、フリーランスだけではなく、副業や起業にも活用することができます。

サイト2 クラウドワークス

クラウドワークスは、さまざまなメディアにも取り上げられている人気のクラウドソーシングサイトです。仕事のジャンルや案件数も多く、多くのフリーランサーに利用されています。案件の特徴としては、小規模なものよりも大規模案件の数が多く、まさに「プロ向けのサイト」と言えることができます。

サイト3 シュフティ

シュフティは、株式会社うるるが運営する「在宅ワークという働き方をスタンダードにする」ことをミッションとして掲げたクラウドソーシングサイトです。

「在宅ワークナレッジ講座」や「ライティング講座」といったオンライントレーニングサービスを提供しており、在宅ワーク初心者にも利用しやすいところが特徴です。

未経験者はプログラミング学習から始めよう

いかがでしたでしょうか。今回は在宅勤務プログラマーの働き方や知っておくべきポイントをご紹介しました。

もし、未経験から在宅プログラマーを目指すのであれば、プログラミングスキルを身につけなければなりません。未経験者のプログラミング学習のコツは「モチベーションを維持する」ことです。プログラミングを学んで何がしたいかを常に意識しておくことで、学習の効率ややる気を上げることができます。

プログラミングスクールに通うことがおすすめ

先ほども述べましたが、未経験からプログラミングを学習する方法はプログラミングスクールに通うことです。しかし、現在プログラミングスクールは全国的に展開しており、今では約4460教室も開校されています。

未経験者はどこのプログラミングスクールに通えばいいか迷ってしまうことでしょう。そこで次では、数ある学習方法の中でもプログラミングスクールに通うことのメリットについてと、オススメのプログラミングスクールについて解説いたします。

メリット1 すぐに質問ができる

プログラミングスクールに通うメリットとしては、学習の途中でわからないことがあってもメンターにすぐ質問ができる点が挙げられます。

独学の場合、学習に躓いてしまっても質問できる環境がないため途中で挫折をしてしまうことが多いです。確実にプログラマーとして活躍したいのであれば、ぜひプログラミングスクールに通いましょう。

メリット2 共有できる仲間ができる

エンジニアやプログラマーがIT業界で活躍するためには「コミュニケーションスキル」や「人脈」が必要になってきます。プログラミングスクールには自分と同じように学習に励む仲間が大勢いるため、それらのスキルを養うことができます。

また、プログラミングスクールの仲間と一緒にシステムの共同制作ができれば、在宅はもちろん、企業で働く際にも、チームでのシステム開発に役立てることができます。

メリット3 就職支援も受けられる

プログラミングスクールでは、スクール卒業後のキャリア支援を受けることができます。中には、プログラミングスキルを習得後、スクールを運営している母体会社にそのまま入社できる制度を設けているところもあります。

【PR】tech boostで在宅プログラマーを目指そう

在宅勤務でプログラミングする前に知るべき5つのこと

未経験から在宅勤務のプログラマーを目指すのであればプログラミングスクール「tech boost」に通うことをオススメいたします。

未経験からでも最短3ヶ月で実務レベルのプログラミングスキルを身につけることができるほか、ITエンジニア向けのキャリア支援を行なっている株式会社Branding Engineerが運営をしていることから異業種からのエンジニア転職や独立、起業などのサポートも受けることができます。

無料カウセリングも行なっているので、これから在宅プログラマーとして活躍したい未経験者は、ぜひtech boostに足を運んでみてください。

tech boostについて

在宅勤務でプログラミングする前に知るべき5つのこと

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related