Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

サーバーサイドエンジニアってなに?どんな仕事をするの?

今回は、webサイトの裏側の処理を担当する「サーバーサイドエンジニア」について解説していきます。主な仕事内容や年収、またサーバーサイドエンジニアを目指すにあたって取得しておきたいスキルや資格なども紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアの種類

そもそも「エンジニア」とは、「機械や電子などの分野における技術者または工学者」のことを指します。また、現代において「エンジニア」と言えばIT分野においての開発者のことを指し、「エンジニア」という職業の中にもさまざまな種類のエンジニアが存在します。

例えば、「システムエンジニア」と「プログラマー」の違いについてIT未経験の方でしたら同じように感じてしまうことでしょう。しかし、その役割はまるで違います。今回はまず、エンジニアの種類についてご紹介いたします。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、その名の通りコンピューターネットワークの構築・保守・運用・監視などのインフラ業務を行うエンジニアのことをいいます。

私たちが普段webサイトなどを見る際にはインdターネット上でさまざまなデータのやり取りが行われています。そのデータのやり取りを行うには「ネットワーク機器」と呼ばれる通信機器を使うのですが、そのデータを受け渡す際の基盤であるインフラを支えている職業の一つがネットワークエンジニアです。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアとは、クライアント側とサーバー側で情報のやり取りを行うweb上において、データの管理や情報の提供を行うサーバーサイドの運用・保守を行う職業のことを言います。web上において表立った職業ではないので地味であるという印象を受けやすいですが、サーバーサイドエンジニアがいなければ、私たちは快適にwebを利用することはできません。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発においてクライアントのヒアリングやプログラムの設計、進行管理などを行う職業です。先ほども少し触れましたが、「システムエンジニア」とプログラマー」は役割そのものが異なり、建築で例えるならばシステムエンジニアが「設計士」でプログラマーが「大工」ということになります。プログラマーはシステムエンジニアが作った設計図に基づいてプログラムを構築する職業という事になります。

Webエンジニア

webエンジニアは、主にwebサイトやwebアプリケーションを開発するエンジニアのことを指します。webアプリケーションとは、SNSやショッピングサイトなど、webを介して利用するサービスで、有名なところでいうとTwitterやInstagram、食べログ、クラウドワークスなどが挙げられます。

フロントエンジニア

フロントエンジニアとは、webサイトの構築やカスタマイズを行う職業です。主にwebデザイナーと一緒に業務を行うことが多く、デザイナーのイメージを形にするのがフロントエンジニアの役目と言えます。JavaScriptやHTML5/CSS3などのプログラミング言語を扱うことが多く、プログラミングスキルに併せてデザイン力が求められる職業です。

サーバーサイドエンジニアの仕事

エンジニアの種類についてご紹介したところで、今回は「サーバーサイドエンジニア 」の仕事について解説していきます。さまざまなエンジニアの職業がある中で、「サーバーサイドエンジニア」がどのような役割を果たすのか、またその年収や、求められるスキルなど、IT業界に注目が集まっている中で「サーバーサイドエンジニア 」という職業に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

サーバーサイドエンジニアとは

サーバーサイドエンジニアとは、普段みなさんが利用するwebサイトなどのデータを管理したり、裏側で行われている処理のプログラムを構築・実行を行う職業のことを言います。webサイトの目に見える部分を担当するwebデザイナーや、フロントエンジニアと違い、ユーザーが日頃気にすることのない部分を担当するため地味に感じてしまうこともありますが、webサイトを運用するにあたってなくてはならない職業がサーバーサイドエンジニアであると言えます。

サーバーサイドエンジニアの業務内容

サーバーサイドエンジニアの主な業務としては、ハードウェアのアップグレードやソフトウェアのインストールなどが挙げられます。

例えば、ショッピングサイトを運用する際にユーザーの注文処理や買い物カゴの処理、またデータベースの設計、不正アクセスの処理などもサーバーサイドエンジニアが担う業務の一つになります。

このようなタイムリーな更新を必要とするサービスを裏側で支えており、サーバーサイドエンジニアがいることで、私たちは快適にwebサービスを利用することができます。

必要スキル

サーバーサイドエンジニアは主に、Java・C言語・C++などの「コンパイラ型言語」と、JavaScript・PHP・Rubyなどのwebアプロケーション開発にも使われる「インタプリタ型言語」などを扱います。

また、サーバーサイドエンジニアにおいては、プログラミング言語以外にも問題解決のスキルや各種フレームワークの幅広い分野の知識が必要であるとされています。

資格

現在では、プログラミング未経験者でも採用を行なっているIT企業が増えてきましたが、当然何らかの資格を持っている人とそうでない人とでは評価に大きな差が出てしまいます。では、サーバーサイドエンジニアになるために取っておきたい資格は何なのでしょうか。

まずは、サーバーサイドエンジニアを勤めるのあたって必須のSQL管理やソリューションの構築技術を証明することができる「マイクロソフト認定資格」を取得しておくことをオススメいたします。またこの資格は世界共通のIT資格なので、そこに行っても通用する資格であると言えます。

サーバーサイドエンジニアが取っておきたい世界共通のIT資格として、「Linux技術者認定資格」もオススメいたします。この資格は、ネットワークの運用と管理ができることを証明する資格ですので、インフラ系のエンジニアを目指す方はぜひ取得しておきたい資格です。

年収

サーバーサイドエンジニアを目指す方にとって最も気になることの一つはやはり「年収」でしょう。IT業界全体の年収は他の業界に比べて比較的水準が高いとされていますが、サーバーサイドエンジニアはおよそ600~800万円程だとされています。

また、webサービスが急速に普及している現代において、それを支えるサーバーサイドエンジニアの需要も年々増加してきています。

それぞれの役割を理解しよう

いかがでしたでしょうか。今回は、サーバーサイドエンジニアを中心にさまざまなエンジニア職について解説をしてきました。

もし未経験からエンジニアを目指す際は、自分がなりたい職種について、またそれに関わる職種の役割についてしっかりと理解をしておきましょう。そうすることで、より自分がやりたいことに沿った職種選びができることでしょう。

自分に合ったものの見分け方

エンジニアを目指す人の中には「こういうことがやりたい」「こういうwebサービスを作りたい」といった明確な目標を持っている方もいますが、「高収入を得られる職場へ転職したい」「安定を求めて将来性のある業界で仕事をしたい」などの理由でエンジニアを目指す方もいることでしょう。

そういう方、特に未経験者であれば「そもそも、たくさんある中でどの職種が自分に合っているのかわからない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、それぞれの特徴に合ったエンジニア職についてご紹介いたします。

女性に多いエンジニアの職種

「IT」や「エンジニア」と聞くと男性的イメージが強いですが、近年では女性のエンジニア希望者も増えてきました。女性のエンジニアだとwebデザイナーやプロジェクトリーダー、プロジェクトオフィサーなどの職種が多いですが、結婚や出産などで生活スタイルが変わりやすい女性の働き方としてフリーランスを選ぶ方も増えてきました。

細かいことが好きな人に向いているもの

プログラミングは、エラーやバグが日常茶飯事に起こる作業です。構文の間違いはもちろん、スペル一つ間違えてしまってもシステムが正常に動作しないことがあるため、プログラミングが主な作業になる「プログラマー」は細かい作業が得意な人が向いている職業であると言えます。

長時間同じことができる人に向いているもの

長時間同じ作業ができる方は、システムの運用・保守・管理を担う職種に向いていると言えるでしょう。また、デスクワークが主な業務になる「ネットワークエンジニア 」や「サーバーサイドエンジニア」も繰り返し作業が苦にならない方にとってはオススメの職種です。

飽きっぽくてもできるもの

IT業界の中でも「システムエンジニア」は、常に新しい情報を取り入れ発信していく能力が求められるため、好奇心が旺盛な人に向いている職種だと言えます。また、開発の進行管理を行うこともあることから、常に周りに気を配り何かトラブルが起きた場合はその都度適切な対応を求められる職種と言えます。同じ作業ばかりではなく、常に何か新しい挑戦をしたい人は「システムエンジニア」に向いていることでしょう。

【PR】"tech boostでプログラミングを学ぼう

サーバーサイドエンジニアってなに?どんな仕事をするの?

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related