Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

シニアエンジニアっていう仕事知ってる?どんな仕事内容教えます

現エンジニアの若い方、もしくはこれからエンジニアとしてのキャリアを築きたい方は、「シニアエンジニア」と言う言葉をご存知でしょうか。今回は、「シニアエンジニア」についてその仕事内容と年収について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

シニアエンジニアとは

皆さんは「シニアエンジニア」と言う言葉をご存知でしょうか。そもそも、「Senior(シニア)」とは、『高齢者』と言う意味合いだけではなく、『上級者・上役』とい意味も含まれているため「シニアエンジニア」においては、とある分野を極めて特化したスペシャリストのことを指します。また「シニアエンジニア」をそのまま「スペシャリスト」と呼称する場合もあります。

普通のエンジニアとは違うの?

シニアエンジニアの位置付けにおいては企業によっても異なってきますが、スペシャリストよりもシニアエンジニアの方が役職が上である場合が多いです。また、そもそもシニアエンジニアやスペシャリストは、「ITの得意とする分野を高めていきたい」と考える人のために設けられた役職で、以前まではどれだけ自分の技術を高めてもキャリアアップや給与のアップに繋がらないことが多くありました。そのため、このような人たちにもっと自分のスキルを磨いてもらいたいと言う考えからシニアエンジニアなどの役職が設けられるようになりました。

シニアエンジニアはどんな仕事を任せられるの?

では、シニアエンジニアは主にどのような仕事を任せられるのでしょうか。シニアエンジニアの仕事はやはり上役職が多く、「プロジェクトマネージャー」「ゼネラリスト」などのその知識や経験を生かした仕事を担当します。

プロジェクトチームを結成して、プロジェクトの計画、遂行、メンバーへの指示などチームをまとめる「プロジェクトリーダー」もシニアエンジニアが請け負うことが多いですが、IT業界では若いうちからでも任されることがあります。

シニアエンジニアについて

シニアエンジニアや、その仕事内容についてご理解いただけたでしょうか。先ほどシニアエンジニアはスキルが高い人のモチベーションや給与アップを目的に設けられた役職だと言うことを言いましたが、次ではその詳しい年収やシニアエンジニアの働き方について詳しく解説していきます。これから、IT業界で長く活躍していきたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

きになる年収とは?

まずは、年収について解説していきます。ITエンジニアの年収はその職種や企業、また扱うプログラミング言語によっても異なってきますが、近年の深刻な人材不足によって他の業界よりも需要が高まり、年収も比較的高くなってきています。どの業界でもスキルや経験があればそれに伴って給与に違いも出てきますが、シニアエンジニアと普通のエンジニアにはどのぐらいの違いが出てくるのでしょうか。

シニアエンジニアの年収

シニアエンジニアの年収は平均で600〜700万とされています。先ほども言いましたが、企業や職種などでも変わるため上記の金額はあくまでも参考程度にしておきましょう。また、シニアエンジニアと呼ばれるようになれば、「プロジェクトマネージャー」や「システムコンサルタント」などの上役職にも十分に就けますので、一般のエンジニアよりかは高い給与が狙えることでしょう。

その他のエンジニアの年収

システムエンジニア以外の一般のエンジニアの年収は、480〜600万とさており、他の業界よりも比較的高い水準にあります。また、エンジニアの中でも比較的に年収が高い職種は「通信インフラ設計・構築系エンジニア」。

インフラエンジニアとは、インターネットなどの通信設備を構築・運用・保守・監視などを務めるエンジニアのことを言い、それなりの技術を持っていれば平均640万円ほどの年収を得ることができます。

年収の差はどこでつくの?

エンジニアの年収の差は企業や職種、経験などに影響すると言いましたが、ではシニアエンジニアとして認められるには何が必要なのでしょうか。

シニアエンジニアの条件として、まず特定の分野に精通した知識やスキルは必須項目といっていいでしょう。そのほかにも、チームを率いる際に必要な「コミュニケーションスキル」や「マネジメントスキル」、また自分が得意とする分野以外のある程度の知識もあるとよりシステム開発を円滑にすることができます。

雇用形態別エンジニアの年収とは?

では、次に雇用形態別でエンジニアの年収を見ていきましょう。IT業界に限らず雇用形態が変われば当然その収入も違います。それぞれの働き方のメリット・デメリットを把握しておくことで自分にあった雇用形態を見つけることができるので、ぜひ参考にして見てください。

アルバイト

アルバイトの場合、給与が時給制なことがほとんどですので1000〜2000円ほどの時給を得ることができます。IT業界は現在深刻な人手不足が進んでいるので、アルバイトでもプログラミングスキルがあれば比較的高い時給で働くことができます。現在学生の方でプログラミングスキルがある程度身についている方であれば、実務経験になりますし、将来エンジニアとして就職を活動をする際にアピールポイントとして活かすことができます。

派遣社員

派遣社員とは、正社員とは違い人材派遣会社と雇用を結び、他の企業に派遣される人のことを言います。派遣社員の場合も時給換算で給与をもらうことが多いですが、年収に直すと平均250〜300万ほどになります。企業側からすると即戦力になる人材を好きな時に雇えるメリットがある派遣社員ですが、IT業界の場合未経験からでも雇っているところも多いです。

派遣社員は契約期間があるため雇用が不安定と言うデメリットがあるのですが、その一方で好きな時間、場所を自分で選ぶことができるので一度派遣社員として経験を積んでから正社員登用を狙うのも良いでしょう。

正社員

派遣社員と比べて正社員のメリットは、何と言っても「安定」です。派遣に比べると平均400〜500万と高い年収を得ることができるほか、長く働くことができればシニアエンジニアとしてのキャリアアップを図ることもできます。しかし、企業や業界によっては転勤や異動があるため自分で企業を選ぶ際には必ずあらかじめ確認しておきましょう。

エンジニアの働き方について考えよう

いかがでしたでしょうか。ここまで、「シニアエンジニアとは」から「シニアエンジニアの年収」などについて解説を行ってきましたが、エンジニアにはさまざまな働き方があり、それによって得られる収入が大きく変わってきます。また、一般的に「ITエンジニア」と聞くと残業が多く激務であると言うイメージが強いですが、実際のところ激務と言われるのはごく一部で、働き方一つで好きな時に仕事を行うことも可能です。

雇用されるか

エンジニアとして雇用される、つまり正社員として働くことのメリットは先ほど言いましたが、「ITエンジニア」としての正社員のメリットはプログラミング未経験者でも研修制度などで企業に入社できること、またキャリアを詰めることがあります。

一方で、web開発エンジニアとして働くのであれば今流行りの技術に触れ流ことができるのでやりがいを感じることができますが、下請けとして働く場合はクライアントから要求されたモノを納期内に仕上げなければならないため激務になってしまうことがあります。

フリーランスで働くのか

近年では、エンジニアとして正社員で働く方のほかに、フリーランスエンジニアとして働く方も増えてきました。フリーランスとは、企業とは契約をせずに個人受託で仕事を行う人のことを指します。フリーランスの大きなメリットは、好きな時間に好きな場所で仕事を行うことができる点です。

また、収入は時期で差が生まれますが案件によっては高収入を得ることができるので、自身のプログラミングスキルに自信がある方はフリーランスで働くことも良いでしょう。

【PR】tech booostでプログラミングを学ぼう

シニアエンジニアっていう仕事知ってる?どんな仕事内容教えます

この記事を見ている方の中には、プログラミングが未経験と言う方も少なくはないでしょう。しかし、プログラミングスキルは学習の仕方次第では短期間で身につけることが可能です。ではプログラミング未経験者にオススメのプログラミング学習方法はなんなのでしょうか。プログラミング未経験者が実務レベルのスキルを身につけるには「プログラミングスクールに通う」ことをオススメいたします。「プログラミングスクールと言っても数が多くてどこを選べばいいかわからない」と言う方は「tech boost」が良いでしょう。

tech boostでは、現役エンジニアの講師が丁寧に学習をサポートしてくれるほか、卒業後のキャリアサポートも行なっているので安心してエンジニアを目指すことができます。無料カウンセリングもありますので、もしプログラミングに興味がある方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

仕事ができるエンジニアになろう

シニアエンジニアっていう仕事知ってる?どんな仕事内容教えます

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related