Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

あなたのエンジニアとしての適性は?向いている人の特徴4つ

物のIT化やプログラミングの義務教育化、フリーランスエンジニアとして副業をしている人の増加などによりエンジニアの仕事に興味のある方は多いのではないでしょうか。この記事では、エンジニアの種類や仕事、適性、向いている特徴などを紹介します。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの職種と適性

webエンジニア

webエンジニアはwebサイトやWebアプリなどのwebサービスを扱う仕事です。設計、開発、保守や運用を行います。Java、RubyやPHPなどのプログラミング言語HTML、CSSなどのマークアップ言語のスキルがよく使われます。他にもセキュリティの知識も必要とされる仕事です。

最近では、RubyやPHPなどの最新技術が人気で、副業として働く人やフリーランスとして働くwebエンジニアが増えてきています。webエンジニアは、人気な職種で、残業も他のエンジニアに比べて少なくワークライフバランスのとりやすい仕事です。収入も高く平均年収は600万円です。日本の平均年収が400万円なので、webエンジニアに転職を目指している社会人は多いです。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システムの設計や実際にコードを書きプログラミングをするなどのシステム開発からシステムのテスト、運用、保守などのシステム運用にまで関わる仕事です。

取引先からの要望を理解し、設計書の作成やプログラマーにプロジェクトの内容を伝えるのも仕事の一つです。そのためシステムエンジニアは、プログラミングスキル以外にも設計図を作成する能力やコミュニケーション能力も必要な仕事です。期限までにプロダクトを完成させる必要があるので、残業が増えたり、プレッシャーはかかりますが収入アップしたい方はシステムエンジニアを目指すのも良いです。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計から構築、運用や監視を行う仕事です。ネットワークの設計ではセキュリティやサーバーなどに関係する広い知識が必要になります。実際に設計書から回線の設置も行います。

また、ネットワークエンジニアはネットワークの保守を行う必要があるので、土日、祝日の仕事が多いです。問題が起きた時に業務が何よりも優先されるので、ワークライフバランスがとりにくい仕事です。

エンジニアとしての適性について

エンジニアに向いている人の特徴4つ

その1 コミュニケーション能力がある人

コミュニケーション能力は、デスクワーク作業が多いエンジニアにも必要なスキルです。取引先との商談やプロジェクト中に他のエンジニアとコミュニケーションを上手くとることが必要です。

コミュニケーションが上手くとれるとプロジェクトをスムーズに進めることができます。逆に、コミュニケーションをとらずに勝手に判断して仕事を進めてしまうと初めからやり直しなど無駄な仕事をしてしまうことになってしまいます。

その2 知的好奇心がある人

知的好奇心がある人は、エンジニアの適性があります。エンジニアは最新スキルやトレンドに敏感である必要があります。IT業界は変化が激しい業界なので、学び続けることが好きな人に向いています。

学び続けさまざまな経験やスキルを習得することで仕事の幅が広がり、収入アップにもつながります。フリーランスや副業として働くなど働き方も自由に選ぶことができるようになります。

その3 積極的に質問ができる人

エンジニアの適性がある人は、積極的に質問ができます。エンジニア職では、わからないことをわからないままにするとプロジェクトの進捗が大きく遅れることにつながります。

webでの情報検索能力も必要ですが、積極的に質問できる力は設計やプロジェクトの進捗において大切です。エンジニアはチーム開発をすることがほとんどです。上手くコミュニケーションをとりながら仕事ができる方は、エンジニアの適性があります。

その4 忍耐力がある人

忍耐力があるというのは、エンジニアとしての適性の一つです。プログラミングを学ぶのは忍耐力が必要です。独学では90パーセント以上の方が挫折すると言われています。

エンジニアはプログラミングスキルを学び続ける必要があります。また、プロダクトの納期などがあるのでプロジェクト期間はとても忙しく場合によっては残業を毎日する必要があります。忍耐力と最後までやり遂げられる力がある方はエンジニアとしての適性があります。

エンジニア適性診断サイト5つ

その1 リクナビ:SPI性格検査

SPIとは企業が採用の判断基準の一つとして使うテストのことで、私たちが就職活動の際に受けることのあるテストです。SPIは多くの企業が利用してるテストなので知っておきましょう。

リクナビが提供しているSPI性格検査はweb 上で会員登録をすることで受けることができます。このテストでは、その人の性格や特徴から仕事の適性を図ります。エンジニア職以外でもどの職種が向いているのか適性を見ることができます。

その2 マナーの教科書 マナラボ!

マナラボ!の適職診断は、自分の性格から適性の職種を短時間で選ぶ基準を知ることができます。心理学を利用した14個の質問に答えるだけで診断できるので、3分かからずに適性を診断することができます。時間があるときに試してみるのはいかがでしょうか。

エンジニアの適性だけでなく、営業やコンサルタント、マネージャーなどの8つの中から一番適性がある職種を診断することができます。大学が新卒採用の際によく使われる適性診断です。

その3 リクナビ3分間適職診断

リクナビ3分間適職診断は、仕事の価値観から適性を診断する12問のテストと性格から適性を診断する10問のテストを行うことで自分に適性がある職種を3分で診断できます。

3分という短い時間での自分自信の価値観やどのような職種に適性があるのか客観的にわかるのがメリットです。エンジニアを目指している方も学習や就職活動を始める前にエンジニアの適性があるか確かめてみてはいかがでしょうか。

その4 CAREEA INDEXの適職診断

CAREEA INDEXの適職診断は、日常または仕事でどう考えて行動しているかを振り返る39問のテストから適性を診断します。仕事や職場に求めることや自分自身にはどのような傾向があるのかを診断することによって職種の適性をみることができます。

仕事を始めてから考えていた仕事のイメージと違う、働いていてつらいなど自分に向いていない仕事をしている人はたくさんいます。プログラミング学習を始める前や就職活動の際に、仕事内容をしっかり理解し自分に適性があるか確認することはとても大切です。

その5 イーキャリアエンジニア適職診断

イーキャリアエンジニア適職診断は、エンジニアの適性を簡単な4つの質問で診断することができます。選択肢から自分自身が最重視しているものを選ぶだけのテストです。質問が技術者目線のものになっていて、エンジニアの仕事の中でどの業務に適性があるのかがわかります。企画や設計が向いているなど細かい適性を簡単に診断することができます。

エンジニアとしての適性がないと感じたら

企業によっては研修制度があるので安心

エンジニアの適性がないと感じた方でもエンジニアとして働くことは十分できます。自分のやる気によってキャリアアップやスキルアップをすることができます。企業によって研修制度が手厚く、マナー講座や専門的なスキルの研修を受けることができます。

研修でエンジニアとしての基礎を身に付けることができれば、そこから独学でスキルアップしやすくなります。最近では、エンジニアのコミュニティーや勉強会がたくさんあるのでやる気があればエンジニアとしてスキルアップは十分可能です。

エンジニアへの一番の近道はスクールに通うこと

エンジニアへの一番の近道はプログラミングスクールに通うことです。書籍やwebサービスで独学することはできますが、スクールで学ぶほうが習得時間はかなり短くなります。また、独学ではモチベーション維持が難しく、仕事で使えるスキルがついているかもわからないため挫折してしまう可能性が高いです。

プログラミングスクールで学ぶことで初心者向けカリキュラムで効率よく学習でき、講師に実際の経験談や学習方法を聞くことができます。いつでもわからないことを質問できるのも大きなメリットです。エンジニアの繋がりができるのもメリットの一つではないでしょうか。

【PR】エンジニアを目指すなら”tech boost”

あなたのエンジニアとしての適性は?向いている人の特徴4つ

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related