Search

検索したいワードを入力してください

未経験でもプログラマーになれる!転職に有利になろう

初回公開日:2018年10月22日

更新日:2019年05月22日

記載されている内容は2018年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プログラマーの仕事に興味はあるけど未経験でも目指せるのか不安という方のために、エンジニアとは、から未経験からプログラミアーになるために知っておきたいこと、オススメのプログラミング学習について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアの仕事内容

IT業界の拡大によって、プログラマーやエンジニアといった職業にも注目が集まってきました。それに伴って、現社会人の方でも未経験からプログラマーやエンジニアに転職したいという人も年々増加しています。そこで今回は、未経験者の方でも分かりやすいようにまずエンジニアという職業いついて解説していきます。

エンジニアの職種について

特に未経験者の皆さんは「エンジニア」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。もともと「エンジニア」という言葉は「機械や電子などの技師」という意味を持ち、「エンジニア」と一口に言ってもその職種はたくさんあります。今回はインターネット関係のITの専門知識やスキルを備えた「ITエンジニア」の職種について解説していきます。

webエンジニア

webエンジニアは、webアプリケーションやwebサービスの開発を行う職業のことを言います。TwitterやInstagram、食べログなど、皆さんがよく知っているサイトやアプリはwebエンジニアの手によって生み出されています。また、最近ではweb業界の拡大が著しく、webエンジニアの将来性も高いとされています。

システムエンジニア

そもそも皆さんは、システムエンジニア(SE)とプログラマーの違いについてご存知でしょうか。簡単にいうとシステムエンジニアとは、システム開発においてプログラミングをするための設計図を作る人のこと言います。そしてプログラマーはその設計図をもとにプログラミングをする役割を担っています。またシステムエンジニアは開発の進行管理を行う職業でもあります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、コンピュータのネットワークシステムの開発・運用・保守などを行う職業です。ネットワークエンジニアの主な仕事としてはネットワーク設計・ネットワーク構築・ネットワークの監視、運用ですが、大規模な案件であればこれらの業務を担当に分けて作業します。またネットワークエンジニアは他の部署やクライアントとの交流が多いためコミュニケーション能力が求められる職業でもあります。

未経験者がプログラマーになるために知っておくこと

エンジニアとプログラマーの職業についてご理解いただけたでしょうか。先ほども言ったように、現在では未経験からプログラマーを目指す人が増えてきました。しかし、その中には「今からプログラミングを学び始めてもスキルが身につかないのではないか」「プログラマーには興味あるけど文系だから難しい」と不安に感じている方も少なくないのではないでしょうか。

実際、現在エンジニアとして活躍している方は理系だけということはなく、もともと文系だった方も数多くいます。では、未経験からプログラマーになるには何が必要なのでしょうか。

プログラミングだけではプログラマーになれない

プログラマーの仕事は、システムエンジニアから渡された設計図をもとにプログラミングを行うことと言いましたが、プログラマーにとって大切なのはプログラミングスキルだけではありません。企業に勤める場合は、システム開発のほとんどをチームで行います。そうした時、円滑に作業を進めるためにはコミュニケーション能力が必要となります。自分の意思を相手に分かりやすく伝えたり、段取りを組んで効率的に作業を進めたりなど、将来プログラマーとして活躍したいのであれば、未経験者の方はプログラミングスキルのほかにも社会人としてのスキルを磨いておきましょう。

プログラマーとして働くやる気と覚悟

どんな職業にも言えることですが、仕事を一人前にこなせるようになるまでには時間を要します。特に未経験者であれば、プログラミングの学習に加えてその他の通常業務を覚えていかなければなりません。未経験採用を設けている企業を狙うのであれば、一人前に働けるようになるまでの根気ややる気があるかどうかを採用側は重視するので、未経験者はしっかりと自分の意思を固めておきましょう。

プログラミング経験の有無でスタートラインは変わる

近年では、プログラミング未経験でもやる気を重視して採用を行なっている企業が増えてきています。ですが、プログラミングスキルがあるのとないのとでは当然評価の仕方も変わってきます。IT企業に転職・就職をしたいのであれば基礎からでもいいのでプログラミングに触れておくことを強くオススメいたします。

未経験者の場合28歳前後で人生が決まる

プログラミング未経験者であれば年齢によっても企業の評価が変わってきます。28歳以上でプログラミング未経験だと採用に不利になってしまう可能性が高いでしょう。同じ未経験者であるならもっと若い世代の方が成長の見込みがあるからです。未経験者採用を考えている方はなるべく早いうちに行動しておきましょう。

プログラマーとして伸びしろがあるか

プログラマーとしての仕事が未経験であれば、企業側はプログラミングスキルのレベルよりも今後教育していくにあたって伸びしろを見込めるかどうかが採用基準に大きく関わります。この人は今後も自発的に学習を続けることができるかどうか、最新のIT技術情報を自ら進んで取り入れ仕事に生かすことができるかどうか、プログラマーとして活躍したいのであればこれらのことを常に意識しておきましょう。

プログラミングでの実績を作る

ここまでご紹介してきたものは、プログラマーとして未経験の方が最低でも意識しておくべきことです。どうしてもIT企業にプログラマーとして入社したいのであれば、実際にプログラミングの実績を作ってしまった方が格段に採用率が上がります。過去に作った制作物やプログラミングの資格など自分のスキルとして提示できるものを用意しておくことでプログラマーとしての道により近づくことができるでしょう。

未経験者はプログラミングの勉強の仕方を選ぼう

未経験者がプログラマーになるためには事前にプログラミングスキルや実績を習得しておくと、より採用に近づくと言いましたが、プログラミングに触れたことがまだ無い方の中には「そもそもプログラミングの勉強ってどうすればいいんだろう」と悩まれている方もいるでしょう。

プログラミングの学習方法は数多くありますが、未経験者が学習をするにあたって意識するべきことは「自分にあった学習法を選べているかどうか」です。最初にここで間違った選択をしてしまうと学習のモチベーションが上がらず途中で挫折してしまいます。そこでここでは、プログラミングの学習方法について解説していくので、プログラマーを目指している未経験者の方はぜひ参考にしてみてください。

独学でやる人

まず、プログラミングを独学で学ぶ方法についてです。独学での学習は自分のペースで無理なく進められることから多くの方が実践をしていますが、そのほとんどが学習を続けられずに挫折してしまっているという事実があります。プログラマーとしてしっかりとしたスキルを身に付けたいのであれば独学はオススメはできませんが、それでも学習をできるだけ続けられるような工夫がされている教材もたくさんあります。今回はプログラミング独学方法の中でもオススメする学習方法をご紹介します。

学習サイトで学ぶ

最近では独学者の中でもプログラミング学習サイトを利用している方がたくさんいます。デザイン性に優れいていて視覚的にも楽しみながらプログラミング学習ができるほか、サイトによってはゲーム感覚で学べるものがあるので子供から大人まで学びやすくなっています。基礎学習のみだったら無料で利用できるものもあるのでプログラミングを独学でしたい人はぜひ利用してみてください。

本で学ぶ

プログラミング書籍での学習も独学方法として幅広い層に人気です。プログラミング未経験者向けのものから上級者向けのものまであるので必ず自分にあった書籍を見つけることができます。また、本を持ち運ぶことができれば場所や時間を選ばずに学習することができるので社会人の方にもオススメです。

スクールに通う人

本気でプログラマーを目指している方にオススメするのが「プログラミングスクールに通う」ことです。未経験者でも確実にプログラミングスキルを身につけることができますし、ほとんどのスクールでは、卒業後のキャリア支援を行なっているので安心してプログラマーを目指すことができます。また学習のサポートも充実しており途中で挫折をする心配もありません。

「興味はあるけどスクールの数が多すぎて選べない」という方は、次にスクールを選ぶ際のポイントをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

人で選ぶ

プログラミングスクールには生徒の学習をサポートしてくれるメンター(講師)がいます。専門の知識を持っていたり、中には現役エンジニアがメンターを務めているスクールもあります。もしプログラマーの仕事について詳しい話を聞きたいのであれば、無料カウンセリングやホームページなどでどんな人が講師をしているのか確認しておきましょう。

知名度で選ぶ

プログラミングスクールは全国に数多く展開していますが、その中でもとりわけ評価や知名度の高いスクールを選ぶのも一つの手です。人気なものにはそれなりの理由がありますし学習に不安を感じることも少ないでしょう。特定の地域でしか開講していなくてもオンライン制度で受講できるものもあるので受講前にそこも必ず確認しておきましょう。

安さで選ぶ

「プログラミングスクールに通いたいけどお金がない」と悩んでいる方は、料金の安いスクールを選ぶのも良いでしょう。プログラミングスクールの料金に関しては各スクールやコースで大きく異なってくるので一概には言えませんが、手厚いサポポートが受けられる代わりに料金が少し高いところもあれば、完全無料で通えるところもあるので、無理なく通える範囲のスクールを選びましょう。

【PR】未経験からプログラマーを目指すならテックブースト

未経験でもプログラマーになれる!転職に有利になろう

Related