Search

検索したいワードを入力してください

システムエンジニアとプログラマーって何が違うの?

初回公開日:2018年10月21日

更新日:2019年05月22日

記載されている内容は2018年10月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プログラミング未経験者の方の中には、システムエンジニアとプログラマーの違いがわからない方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、それぞれの仕事内容と未経験者からエンジニアになるために必要なことについて解説していきます。

システムエンジニアとプログラマーの違い

これからエンジニアを目指そうと考えている人の中には、システムエンジニアとプログラマーの違いについて理解できていない人も多いのではないでしょうか。そこで今回はプログラミング初心者の方にも理解しやすいように、システムエンジニアの仕事内容とプログラマーの仕事内容の違いについて詳しく解説していきます。

漠然と「エンジニアになりたい」と考えている人は、学習の目的を明確化するためにも二つの仕事内容についてしっかりと理解を深めておきましょう。

システムエンジニアとは

システムエンジニアとは、システムを開発する上でクライアントに対してヒアリングを行い、システム開発の設計図を作る役割を担っている職業です。あとでさらに詳しく解説しますが、仕事の大まかな流れとしては、システムの要件定義、設計、製造、試験となります。

また、システムエンジニアとプログラマーの区別については企業によっても異なることがあり、システムエンジニアがプログラマーの仕事を協力して行うこともあります。

プログラマーとは

プログラマーとは、主にシステムエンジニアが作ったシステム開発の設計図に沿ってプログラミングを行う職業のことを言います。また構築したプログラムの動作テストや、発生したバグやエラーの修正改善もプログラマーの仕事です。さらに、動作テストではシステムエンジニアと共同で作業する場合が多いです。

年収に関しては、プログラマーの平均が350万~500万円なのに対して、システムエンジニアは400万~600万と若干高いことも就職や転職の際の参考にしておきましょう。

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容

システムエンジニアとプログラマーの大まかな違いについて理解いただけたでしょうか。「違いは理解できたけど、具体的にどんな事をしているのかわからない」という方のために、ここで、システムエンジニアとプログラマーの仕事内容に関して具体的に解説していきます。

仕事内容がわかれば、そのやりがいや学習する分野なども徐々に明確化させることができます。システムエンジニアやプログラマーを目指すのであればぜひ参考にしておきましょう。

システムエンジニアの仕事内容

まずは、システムエンジニアの具体的な仕事内容について解説していきます。先ほども言いましたが、システムエンジニアの主な仕事は要件定義、設計、製造、試験が挙げられます。しかし、これはあくまでも一般的な業務内容です。企業によってプログラマーの業務に協力することもあれば、複数人で業務を分担することもあります。また、システムエンジニアとプログラマーの他にもコーダーやWebデザイナーとの共同業務を行う企業も少なくありません。

このように働く環境によっても変わっていく事を転職や就職をする際には念頭に置いておきましょう。

要件定義

要件定義とは、システム開発やソフトウェア開発、webサイトの構築を行う際にクライアントからの要件をまとめ定義書を作る作業のことを指します。詳しい内容としては、事前調査や制作スケジュールの設定、最終目標の設定、サイト要件・内容の検討などの工程を行います。

また、「要件定義」と「要求定義」がよく間違われるのですが、クライアントの「こういうモノ欲しい」という希望をすり合わせる作業を「要求定義」と言い、クライアントの希望を叶えるために「こういう機能が必要」などの具体的な設計を行うことを「要件定義」と言います。

設計

要件定義が終わったら、次は設計業務を行います。システムエンジニアが行う「設定」という作業は大きく基本設計と詳細設計にわかれており、基本設計では「要件定義」や「要求定義」をもとに、「このボタンを押せば、こう動く」などの大まかなシステム設定をします。そして詳細設計では、基本設計の工程で決めた機能に対して、「どのような技術や仕組みで動かすか」を設計します。プログラマーはこの詳細設定をもとにプログラミングを行います。

製造

製造過程においては、一般的にプログラマーが担う場合が多いですが、企業によっては詳細設計者がそのまま製造過程に加わることもあります。これは、プログラマーとの認識の違いを防いだり、設計バグか製造バグの判別をしやすくするためでもあります。

試験

システムエンジニアは、構築したプログラムが正常に動作するかのテストを最後に行います。システムの開発は各パーツに分けて行われ、テストにおいてもパーツ毎に分かれて行う場合あります。また、パーツ毎にテストを行った後、実際に運用する際の環境を揃えた上で全体的な動作確認もシステムエンジニアが担うことがあります。企業によっては動作テスト専用の部署を設けていることもあります。

プログラマーの仕事

次に、プログラマーの仕事についてご紹介いたします。企業によってはシステムエンジニアと共同作業を行うことはありますが、基本的にはプログラミングを用いた仕事を担います。

設計書をかたちにする

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計図をもとにプログラミングを行います。プログラマーがプログラミングを行うにあたって大切にしなければならないのが、「いかにわかりやすくプログラムを書けるか」です。企業でシステム開発をする際、ほとんどの場合がチームで開発を行います。構築したプログラムを共有しやすいように心がけることがプログラマーとしてのスキルアップに繋がります。

また、システムエンジニアがテストしたプログラムに不具合があった場合には、その修正を行うのもプログラマーの仕事と言えます。

未経験でもなれる?

ここまで、システムエンジニアとプログラマーの違いと、その仕事内容について解説してきましたが、これからエンジニアを目指す人の中には「IT系の仕事は未経験だと難しそう」や「文系だから向いていない」などと不安に感じている人も少なくないのではないでしょうか。

結論から話すと、文系の人や社会人の未経験でもエンジニアになることは十分に可能です。一般のwebアプリケーション開発であれば数学や物理などの高度な知識も必要ありませんし、現在エンジニアとして活躍している方の多くが元文系だったというデータもあります。

では、システムエンジニアやプログラマーという職業にはどんなスキルが求められるのでしょうか。次に、ITエンジニアとして働くために必要な能力について解説していきます。未経験でエンジニアを目指そうと考えている方はぜひ参考にしてください。

必要なスキル

システムエンジニアやプログラマーという仕事に就くために必要なスキルはたくさんありますが、まず何より必要なのがプログラミングスキルです。IT人材の不足によりプログラミング未経験でも採用を行なっているIT企業も増えてきていますが、これから本気でエンジニアとして活躍したいのであればプログラミングスキルは身につけておいた方が良いでしょう。

他には、システムエンジニアやプログラマーまたはチームでの開発をする際には欠かせない「コミュニケーション能力」や、常日頃進化し続けるIT技術に対しての「知的好奇心」など、文系の方でもこれらのスキルに自信がある方はエンジニアとして十分な素質があると言えます。

欲しい資格

「文系でもエンジニアとして働くことができるのは分かったけど、やっぱりIT系の資格を持っておいた方がいいのではないか」と考える方もいるでしょう。もちろん、転職や就職において資格はあるに越したことはありません。現在エンジニアとして働いている方も、資格に挑戦することで自分自身の成長とともに、スキルがある人材として信頼を得ることも可能です。しかし、未経験者の方がプログラミング技術に関する試験を行うとなると、かなりの時間がかかってしまいます。

そこで、プログラミング初心者にオススメのは、「基本情報技術者試験」という資格です。経済産業省が主催する国家資格の「情報処理技術者試験」の一つで、未経験者でも比較的獲りやすく、企業へのアピールポイントとしても十分に評価してもらえるスキルですのでぜひ挑戦してみてください。

仕事ができるエンジニアになろう

システムエンジニアやプログラマーとして活躍したいのであれば、プログラミングスキルはもちろん、コミュニケーション能力や知的好奇心、マネジメント能力なども欠かせません。また、未経験者であればプログラミングの学習方法も重要です。独学でプログラミングをする方法もありますが、間違った学習方法を続けてしまうとスキルが身につくまで時間がかかってしまったり途中で挫折してしまったりすることが多いです。エンジニアを目指すのであればプログラミングスクールに通うことをオススメします。

未経験者でも確実にプログラミングスキルを身につけることができますし、スクール卒業後の転職や就職のサポートをしてくれるところもあるので、安心してキャリアステップすることができます。

【PR】"tech boost"でプログラミングを学ぼう

システムエンジニアとプログラマーって何が違うの?

Related