Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

PHPで就職!PHPプログラマーの実態とは!?

プログラミング言語「PHP」とは一体どんな言語で、その就職はどのようなものがあるのでしょうか。今回はPHPとPHPに関する就職について書いていきます。PHPで就職をしたい人や、プログラミングを使って就職しようか考えている人は、ぜひ参考にしてください。

PHPとは

PHPとは、スクリプト言語と呼ばれるプログラミング言語の一つです。スクリプト言語とは、プログラムの実行が比較的早く、コードの記述がわかりやすい言語のことです。スクリプト言語は他に、RubyやPythonなどがあります。

PHPを勉強すれば、ブログやSNSなどのWebアプリケーションを作成することができます。他の言語でも作れますが、PHPはスクリプト言語なので非常に勉強しやすいです。
またプログラミングを使って就職したいという人が近年増えています。プログラミング未経験からプログラマーなどに興味がある人はPHPから始めると良いでしょう。

プログラマーとは

プログラマーとは、システムの仕様書をもとにプログラミング言語を使って実際にプログラムを組み立てる職種を言います。似たような職種でシステムエンジニア(SE)があります。SEとは、お客様の要望に基づいてシステムの仕様書を作成して、プログラマーがどのようなシステムを作れば良いか考える職種です。プログラマーはSEが作成した仕様書を使ってプログラムを組み立てるので、2つの職種は似ているようですが全然違います。

しかし両者は密接な関係があり、どちらが欠けても良いシステムは作れません。また企業によっては、より細かく職種を分けているところもあります。自分が何をやりたいかによって、プログラマーなのかSEなのか変わってくるでしょう。

PHPプログラマーの実態

プログラマーと言っても、種類がたくさんあります。Webアプリケーションを扱うWebプログラマー、ゲームを制作するゲームプログラマー、大企業や政府機関などの組織向けの汎用系プログラマーなどがあり、PHPプログラマーは基本的にWebプログラマーになります。

ここからはPHPプログラマーについて紹介します。どのプログラマーになるかで学ぶ言語や年収、就職情報など色々違ってくるので、しっかりチェックしておきましょう。

PHPの難易度

PHPの難易度は、プログラミング言語の中でもかなり習得しやすい部類に入ります。特に初心者に向けの言語で、たくさんの人がPHPから勉強しています。スクリプト言語でもあり、もともとWebサービスに特化しているので覚えることもそこまで多くはないです。
Web上で動くPHPは簡単に動作を確認することができるので、スムーズに学習することができます。コードを書いても実際に動いているかわからないと、プログラミングの楽しさを感じづらいでしょう。PHPではそんなこともなく、自分の手で動かしている実感を得ながら勉強することが可能です。

文法がわかりやすい

特に人気の理由の一つとして、文法がわかりやすいことがあげられます。PHPはWebに特化しているため、使われる目的がはっきりとしています。なのでその分余計な機能は省いて、シンプルな設計で作られています。
PHPはスクリプト言語なので、人間にわかりやすい言葉で書きます。カナダで作られた言語ということもあり、基本的に英語に基づいています。エラーも英語で出るので、英語ができるとさらに簡単に学習することができます。

web上に情報が多い

プログラミングの挫折する理由の一つに、エラーの解決の仕方がわからないというものがあります。プログラミングではどんな人がやっても必ずエラーが出ます。それを解決するには、書籍で調べたりネットで検索したりと自分で情報を集めることが大事です。
PHPはWebに載っている情報が多いです。世界中で人気の言語なので、使っている人口が多いからでしょう。逆に情報が少ないマイナーな言語だと、自力でエラーを解決しなくてはいけません。
そういう意味でもPHPは効率的に学習できる言語の一つです。

PHPに関する就職

ここからはPHPに関する就職情報を書いていきます。現在IT業界ではエンジニア不足と言われており深刻な社会問題にもなっています。しかしこのような背景があっても、プログラマーなどに就職するのは決して簡単ではありません。ではPHPを学べばどのような就職ができるのでしょうか。PHPを使って就職や転職を考えている人は必見です。

PHPプログラマーの就職先

PHPの求人数や就職情報は非常に多く、特にPHPを使って自社でWebサービスを制作しているところの募集が多いです。やはりWebに特化した言語だけあって、Web業界に就職する人はたくさんいます。中には未経験でも就職を募集しているところもあります。他には派遣型のエンジニアの就職もあり、現在エンジニアは人手不足状態です。派遣型はお客様先に常駐することが多く他の職種と異なるので、就職活動する際は注意が必要になります。

PHPの需要は今でもたくさんあり、これからもっとインターネット技術が発展していく上で、エンジニアやプログラマーは欠かせない存在です。今のうちにPHPを勉強しておくことは、将来の仕事の就職先や選択肢を増やしてくれることでしょう。

就職するには

PHPプログラマーやエンジニアに就職するには、まずはPHPを勉強してスキルを磨く必要があります。未経験で募集しているところもありますが、全く勉強していないと採用されにくいです。どこまで勉強すれば良いか難しいですが、目標として簡単なWebアプリケーションを作れるくらいにはなりたいところです。
勉強方法は、書籍やサイトを使った独学やプログラミングスクールに入学などがあります。
PHPなら独学でも学べる部分はたくさんありますし、金銭面でも大きな負担はないでしょう。しかし、挫折しやすいプログラミングを一人で学習するには、それなりの努力を必要とします。そういう時はカリキュラムや就職支援などのサポートが整っているプログラミングスクールを考えてみるのも良いでしょう。

その他にも「PHP技術者認定試験」という資格もあり、こういうものを取得することも就職活動の際に役立ちます。どのように自分のPHPに関するスキルを伸ばしていくかが大事です。

PHPプログラマーの年収

次は年収です。PHPプログラマーは2017年の平均で「522万円」となっています。この数字が高いか低いかは人によりますが、PHPは現在でも需要はあると言える数字です。エンジニアやプログラマーは、自分の技術が伸びれば年収も上がる企業はたくさんあります。
少なくともPHPは世界で使われている言語なので、比較的年収も安定しています。PHPの技術を身に付けることは、年収も安定して得ることができると言えるでしょう。

他の言語との比較

PHP以外の言語の年収はどうなっているのでしょうか。2018年の段階で一番平均が高い言語は「Go」という言語で、平均年収は約600万円です。2位の「Scala」でもほぼ変わらず約600万円です。どちらの言語も、日本の市場に扱える人材が少ないことから年収が上がってきています。
またPHPと同じようにWebアプリケーションに強い「Ruby」の平均年収は約550万円です。
結果的に言語によって多少差はあるものの、そこまで大きな差はありません。年収で言語を選ぶよりも、学びたい言語をやった方が良いと言えるでしょう。

他の職種との比較

IT業界にはプログラマー以外にも色々な業種があります。特に年収の高い職種は「システムコンサルタント」と「プロジェクトマネージャー(PM)」です。それぞれの平均年収は、約610万円と約569万円です。
システムコンサルタントは、顧客の要望を聞きそれをITで解決するポジションです。問題を解決するための論理的思考や顧客に対してのプレゼン能力など非常に高いスキルが求められます。PMはチームでシステムを開発するときの責任者です。チームを管理して納期までにシステムを納品できるように考え行動することが必要です。

IT業界未経験で上記の2つの職種に就職するのは難しいです。基本的にプログラマーやSEからスキルを磨き、キャリアアップでなる人が多いです。大きな年収を目指すなら、まずはPHPプログラマーを目指すことが大きな一歩目のステップになります。

PHPの基本的な書き方

次はPHPの基本的な構文を紹介します。プログラミングをやっても実際何ができるのかわからない人がたくさんいます。プログラミングを全くやったことのない人に向けてわかりやすく紹介していきます。

文字の出力

プログラミングを学ぶ上で欠かせないのが「文字の出力」です。これができないとプログラミングはできません。しかしどのプログラミング言語も基本的なことは決して難しくないです。PHPで文字を出力するためには、

 echo 'こんにちは'; 

と書けば良いだけです。この場合「こんにちは」と出力されます。
まずPHPを書き始める時は、「」でコードを囲みます。(今回は省略しています)
文字を出力するコードは「echo」です。「echo "〇〇";」とすることで「" "」で囲んだ〇〇が出力されます。文末にセミコロン「;」をつける必要があるので注意です。
echoの部分を「echo 1 + 2;」とすると数字の計算もできます。このコードなら「3」が出力されます。数字は「" "」で囲まないというルールがあり、このようなルールを少しづつ覚えていくことがプログラミング学習では大事です。

変数

PHPでは非常に重要な変数という概念があります。変数とはデータを入れておく入れ物です。プログラミングではたくさんのデータを扱うので、変数の扱いは必須です。書き方は、

 $変数名 = 〇〇; 

と書きます。例えば、
 $apple = 100;
$count = 5;

とすると変数appleには数字の100が、変数countには数字の5が入ることになります。この変数appleを出力したい場合は、「echo $apple;」とすれば 「100」が出力されます。(変数は「” ”」では囲みません)
応用として、
 echo $apple * $count;
と書けば「500」が出力されます。($appleはりんごの値段、$countは個数だとわかる)
変数の良いところは何のデータを扱っているかわかりやすいことと、変更する時は一箇所を修正すれば適応できるところです。

【PR】プログラミングで就職なら‘tech boost‘

PHPで就職!PHPプログラマーの実態とは!?

「tech boost」は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。オーダーメイド型の学習コンテンツを提供しており、最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学ぶことができます。
現在PHPに関するカリキュラムはありませんが、無料個別相談をいつでもやっています。何かプログラミングに関する悩みがある人は、気軽に相談してみましょう。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related