Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

インフラエンジニアとは?必要な資格を徹底解説!

近年、IT業界の急速な成長によってエンジニアの需要も年々増加してきました。そんな中でインフラエンジニアに興味を持たれる方も増えているのではないでしょうか。そこで今回はインフラエンジニアに求められる資格について、その取得方法とともにご紹介いたします。


この記事の要約


  • インフラエンジニアとはなんなのか
  • インフラエンジニアの仕事について
  • インフラエンジニアを目指すならTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

皆さんは、「インフラエンジニア」という言葉をご存知でしょうか。エンジニアといえば「システムエンジニア」や「プログラマー」などがよく知られていますが、「インフラエンジニア」もITサービスを正しく稼働させるうえで欠かせない存在といえます。

今回は、そんな「インフラエンジニア」の具体的な仕事内容や、インフラエンジニアになるために必要な資格などをご紹介したいと思います。

インフラエンジニアとは

インフラとは

インフラエンジニアの仕事内容をご紹介する前に、インフラエンジニアの「インフラ」の意味についてご紹介いたします。

「インフラ」とはインストラクチャー(Infrastructure)の略で、「下部構造」「基盤」「基本的施設」という意味があります。水道や電気、ガスなども、それらを通す道や施設といった基盤がなければ私たちが生活の中で使うことはできません。ITにおいてもデータを送るための基盤(道)がなければweb上のサービスを使うことができないのです。

インフラエンジニアとはサーバーやネットワークの管理、構築を行う職業といえます。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、主に「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」にわけることができますが、基本的にはどちらの業務も行うため、これら二つを総じて「インフラエンジニア」と呼んでいます。

では、インフラエンジニアは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。今回はインフラエンジニアの主な業務を3つご紹介いたします。

設計

クライアントが求めるサービスやシステムを正しく動作させるために最適な機器をそろえて、どのように構築するかを企画書にして設計する業務です。

また設計を提案するだけではなく、サービスを稼働させた後の運用も考え、検討をするところまで行います。なので、これらの業務を行うためにはネットワーク機器関して詳しくなければなりません。

構築

設計をしたら、次は実際にインフラの構築をする作業になります。機器を調達し、設計に基づいてネットワークの設定、構築を行います。

また構築をした後はしっかりと動作テストをして不備はないかの確認まで行います。また使用するOSに対しての知識が必要なため、構築を行うにはコンピューターに関しての理解を深めることが重要になります。

運用

構築したインフラシステムが正しく動作しているかの保守や監視をするのもインフラエンジニアの仕事です。

もし何らかの不備や障害があった場合には、その原因をいち早く突き止め修繕に努めます。またクライアントからの依頼を受けた場合には、サービスの不良は多大な損害を与え兼ねないので、インフラエンジニアには迅速な対応が求められます。

インフラエンジニアに求められる資格

インフラエンジニアの仕事について触れたところで、実際にインフラエンジニアを目指す際に求められる資格はなんなのでしょうか。

未経験からエンジニアになるには必ずしも資格が必要というわけではありませんが、インフラエンジニアのように専門的な知識を必要とする職業の場合は資格を持っておいたほうが企業側も受け入れやすいでしょう。

そこで今回は、ITインフラエンジニアに未経験からなるために取得しておいた方がいい資格を6つ厳選してご紹介したいと思います。

インフラ系の資格

まずは、インフラエンジニアを目指す方におすすめするインフラ系の資格をご紹介いたします。

1 CCIE(シーシーアイイー)

アメリカのネットワーク機器開発会社Cisco Systems社が認定するベンダー系の資格です。ネットワーク資格の最高位として知られ、取得の難易度が高いです。

そのためこの資格の取得者は非常に少なく、CCIEが取れれば一人前のインフラエンジニアとして認められることでしょう。さらに資格の試験では実技が実施されているので、ある程度の実務経験が必要とされる場合があります。

LPIC(エルピック)

カナダにあるNPO法人Linux技術者認定機関が認定する世界最大のLinux技術者認定資格です。日本の企業の半数以上がLinuxを使用しているため、LPICの資格を取っていれば就職や転職の強い武器になります。

またLPICにはレベルがあり、初級から徐々にレベルアップしていくため初心者の方にも非常におすすめの資格です。

Oracle Master(オラクルマスター)

Oracle Masterは、データベース管理に必要な資格です。世界的にも認知度が高く、Platinum、Gold、Silver、Bronzeの4段階のレベルがあるので、エンジニア初心者にもおすすめの資格です。

また日本ではもちろん、世界でも通用するスキルですので、この資格を取っておいて損はないでしょう。

MCSE

MCSEは、Microsoftの技術者認定資格として最上位に位置する資格です。初心者に方はMTAという資格から取得することをおすすめします。MCSEは内部設置型とクラウドの両方でソリューションを構築する能力を証明する資格です。

また、MCSEは下位資格であるMCSAを取得する必要があります。ですので、しっかりと順序を踏んでプロフェッショナルの知識を身につけましょう

クラウド系の資格

次は、クラウド系のエンジニアを目指す方におすすめの資格をご紹介いたします。

MCSD

MCSDは先程のMCSEと同じMicrosoftの技術者認定の最高位資格です。MCSEがエンジニア向けなのに対して、MCSDはデベロッパー向けの資格になります。

ターゲットは違いますが、それぞれのレベルは同じものと考えても良いです。またこちらもMCSDと同じくMCSAを取得することを前提条件としているので、初級からしっかりと取得していきましょう。

AWS認定資格

AWSは「アマゾン ウェブ サービス」の略で、AWS認定とはAmazonが提供するIT知識全般の理解などを問う資格です。日本の企業でもAWSを取り入れているところが増えてきているので、AWS認定の資格を取得していれば大きなキャリアアップにつながります。

AWS認定の取得には下位資格の取得や実務経験などが前提とされているので、下積みをしてから資格取得に挑みましょう。

未経験からインフラエンジニアになれるのか

先程も述べたように、未経験からエンジニアになるには必ずしも資格が必要というわけではありません。資格を持っていればそれだけ就職や転職に有利に働きますが、常に人手不足と言われているインフラエンジニアという職業を求めている企業は多くあります。

しかし、まったくのエンジニアやプログラミングの知識がない状態では企業も採用しにくいです。

では、実際にどうすれば未経験からインフラエンジニアになれるのでしょうか。ここでは、未経験者からインフラエンジニアになるためのおすすめの方法をご紹介いたします。

就職・転職に強いプログラミングスクールに通う

エンジニアになるためのプログラミング学習方法はたくさんありますが、一番おすすめするのは「プログラミングスクール」に通うことです。

またプログラミングスクールの中でも就職や転職などのキャリア支援を行ってくれるところを選ぶとよいでしょう。

プログラミングスクールに通うことで、エンジニアとしてのスキルはもちろん、自身のキャリアの幅が大きく広がります。

【PR】おすすめのスクール"tech boost"

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related