Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

ITエンジニアは英語が必要?市場価値や学習法を解説

IT業界の急激な成長によりITエンジニアの需要が高まってきました。テクノロジー技術の多くは海外からのものが多く、テクノロジーの最新技術を手に入れる為には英語ができなければなりません。そこで今回はITエンジニアの英語事情について英語習得方法とともにご紹介します。


この記事の要約


  • ITエンジニアとは
  • エンジニアに必要な能力
  • エンジニアになりたいならTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

昨今、ITサービスの急激な成長に比例してITエンジニアの需要も高まってきました。

そんな中、ITエンジニアを目指す人の中で「ITエンジニアには英語力が必要なのか」と疑問を持っている方も多いと思います。ITエンジニアに限らず、英語ができれば自らのキャリアの幅を広げることができますが、職業によっては必ずしも英語力が必要ではないものもあります。

しかし、IT業界は全世界において発展しているため海外からの情報を取り入れている傾向にあります。そのため、エンジニアに関してはITに関するトレンドを常に取り入れる必要があります。そうした場合には、英語力が必要不可欠になります。

ということで今回は、ITエンジニアの英語の必要性について解説していきたいと思います。

ITエンジニアは英語力が必須

最新情報を得るには英語が必要

ITの技術は常日頃に進化を続け、次々と新しいサービスが生み出されては、世の中の流行として私たちの生活を豊かにしてくれています。

そのため、ITサービスの開発、制作を手掛けるエンジニアは、常に技術の最新情報を把握して自社サービスの発展に努めなければなりません。

新しいテクノロジーや製品は海外から日本に渡るケースが多く、最新技術を得るためには英語の記事や本を読まなければなりません。いち早く最新の情報を取り入れるためにも、新しいサービスを作り出すためには英語力が必要不可欠ということです。

必要な英語力は目的によって違う

ITエンジニアに必要な英語力はエンジニアの業種や職業によっても違います。

例えば、先程のように最新情報を得るためには英語の技術書や記事を読むための「ライティング」力が必要となってきますが、クライアントや開発メンバーとの会議などをする営業職では「リスニング」や「スピーキング」力が求められます。

英語の読み書きがすべてできればそれに越したことはありません。でも、この仕事はそれだけではありませんので自分の職種に応じて英語力を磨いていけば、より効率よくエンジニアとしてのスキルアップが望めることでしょう。

ITエンジニアに必要な英語の学習法6つ

ITエンジニアの英語の必要性について解説しましたが、実際にメインの仕事をこなしつつ英語の学習も続けるといったことができるのでしょうか。

こちらも職種によりますが、会社の業務や大学の勉強、またエンジニアを目指している方ならプログラミング学習が忙しくて英語の学習に時間が取れない方が多いことでしょう。そこで、次はITエンジニアに必要な英語を効率よく学習する方法をご紹介いたします。

TOEICを受験する

一番ポピュラーな方法ですが、一番英語力を身につけることができる方法です。中学校から大学までの英語力を図ることができる試験で、学校の入試にもTOEICを活用しているところも多いので、学生の方はTOEICでの学習がしやすいでしょう。

また自分の英語力を図るためにも、一度試験を受けてみてもいいかもしれません。自分の実力がどの程度で、どこから学習を行うべきなのかを把握するのにおすすめです。

身の回りの環境設定を英語にする

英語への苦手意識がある方は、一度自分の生活環境をできるだけ英語に設定してみてはいかがでしょうか。

どういうことかといいますと、例えばお持ちのスマートフォンの設定を日本語から英語の設定にしてみたり、普段使っているSNSやニュースアプリなどの設定を英語にすることで、だんだんと英語に慣れさせていくと自然と英語学習への苦手意識を払拭させることができます。

英語を使う職場に転職する

思い切って生活そのものを英語圏に置くのも一つの手です。嫌でも英語を必要とする環境に身を置けば必然的に英語力が身につくほか、教科書や参考書のみの勉強では身につきにくい日常的な会話やビジネスで使われる英語を自然と使えるようになるでしょう。

現実的に難しい選択ではありますが、もしITエンジニアとして海外で働くことができたらITエンジニアとしての技術とともに英語力も高めることができます。

映画やドラマで学習する

こちらも英語への苦手意識がある方におすすめの学習方法です。「勉強」としてとらえる必要がなく楽しみながら英語に慣れていくことができます。

現在では動画サイトなどで、いつでもどこでも視聴することができるので通勤時間や隙間時間でも英語に触れることができるのところも大きな魅力です。また気に入ったセリフを覚えていけば自然と英語への理解も深まることでしょう。

技術書を日本語で読んだ後、英語で読む

エンジニアを目指している場合、プログラミングを学習する際に技術書を使ったことがあるのではないでしょうか。

そんな方には一度読んだことのある技術書をもう一度英語の原文で読み返すことをおすすめいたします。難しい英語がわからなくても、一度日本語で読んだことのあるものであれば内容の理解がしやすく自然と英語学習ができます。

通勤時間にアプリで学習

英語学習のアプリを利用するのもよいでしょう。場所や時間を選ばずに学習できるうえ、英語学習を目的としたアプリであればより英語が身につく可能性があります。

また一日のスマートフォンを見ている時間を学習に充てることができれば、英語習得のスピードも速くなるでしょう。社会人で忙しい方におすすめする学習方法です。

英語ができるITエンジニアの市場価値

現在では、外資系の企業だけではなく求人サイトを見ていると、ほかの職種でもある程度の英語力が必要とされる場合があります。ITエンジニアに限らず、英語力のある人材を求める企業は年々増加していっています。

IT業界のデータを見てみると、IT関連企業の20%、社内ITエンジニアの40%で英語ができる人材を求めています。また、収入の面でも英語力があるのとないのとでは大きな差が生まれてしまいます。

IT関連企業

【下級レベルは1.4%・中級レベルは8.4%・上級レベルは9.2%】IT関連全体でこれほどの企業が英語力がある人材を求めています。

社内ITエンジニア

【下級レベルは2%・中級レベルは18%・上級レベルは20%】社内ITエンジニアとして英語力を求める企業はこれほどあります。これらのデータを見てわかるように、ITエンジニアを目指すのであれば、英語の習得は必須条件と言っても過言ではありません。

あくまで英語は技術取得手段の一つ

これまで、ITエンジニアとして英語を身につける必要性やその習得方法について述べてきましたが、英語を勉強する際に一番気を付けなければならないのが「英語を身につけるために英語を勉強する」という目的になってしまわないことです。

あくまで英語はITエンジニアとしてスキルアップを図るためのもの、「IT技術を取得するために英語を身につける」ということを忘れてはなりません。

まずはプログラミングスキルを付けよう

英語が流暢にできていたとしてもITエンジニアとしてのスキルがなければIT業界での活躍はできません。ですので、順序としては「プログラミングスキルを磨いてから付加価値として英語を身につける」ことが望ましいです。

また、ITエンジニアとして活躍したいのでれば独学ではなくプログラミングスクールに通うことをおすすめいたします。プログラミングスキルを身につけられるほか、就職や転職の支援をしてくれるスクールもあるのでより確実にITエンジニアを目指すことができます。

【PR】おすすめのスクール”tech boost”

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related