Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

わくわくしながらプログラミングを学ぼう!子供でもできる

小学校でプログラミングが必修化されることにより、子供のプログラミング教育に興味がある大人は多いのではないでしょうか。お金を払い、子供をプログラミングスクールに通わせるか迷っている方も増えてきています。ここでは、子供向けのプログラミング学習サービスを紹介します。

子供のプログラミング教育とは

子供のプログラミング教育のメリット

先取りができる

プログラミングは今注目のスキルの一つになっています。さまざまなものがIT化され、人の仕事が機械に置き換わっています。2020年から小学生のプログラミング教育が始まります。また、中学生、高校生でもプログラム教育が導入される予定です。実際に学校で学ぶ前に学習しておくことでより理解を深めることができます。

現在では、世界のトップ企業はIT企業です。日本ではプログラマーやエンジニアは不足していて、まだまだ需要が増える職業です。プログラミング技術を習得することで自分自信の幅を広げることにつながります。子供の時からIT環境に慣れ、プログラマーやエンジニアとしてのスキルを身につけ、向上することで将来の選択肢が増えるのではないでしょうか。実際に収入アップやワークライフバランスを考え、未経験からwebエンジニア転職を目指してプログラミング学習をしている方はたくさんいます。お金を払いスクールに通って転職を実現している方もたくさんいるので、子供のうちからプログラミング教育を受けられることはとてもうらやましいと考える人はたくさんいます。

将来に役に立つ

プログラミングスキルがあることで就職の幅が広がることや働き方の幅が広がるというメリットがあります。エンジニアは、不足している仕事でこれからさらに需要が高くなると予想されている職です。また、エンジニアはパソコンとネット環境さえあれば仕事ができるので自宅で仕事ができたり、海外から仕事を受けることもできます。実際に正社員として自宅で働いている方もいます。フリーランスや副業的に働くこともでき、時間に縛られない自由な働き方も実現可能です。女性の方は、家事や子育てをすると考えると嬉しいことではないでしょうか。

子供にプログラミング教育をするメリットはほかにもあります。つらい事や難しい思うことはやる前から諦めるという方は多いです。しかし、子供の頃から楽しく遊び感覚でプログラミング学習をしていることで、理系分野、英語の苦手意識がなくなるのではないでしょうか。

思考が整理できる

プログラミング教育では、プログラミング的思考を身につけることができます。プログラミング学習では、問題をさまざまな観点から考える力が身につきます。社会人にとって大切な計画性や効率的に解決する方法を考える力が身につけられます。

また、プログラミングスクールやコミュニティーに参加することで、コミュニケーション能力や社会に出て必要なIT、パソコンの基礎知識などを身につけることができます。人前で自分の意見を言うことやプレゼンテーション力などを養えるプログラミングスクールやコミュニティーもあります。

子供向けのプログラミング教育サイト

サイト1 Scratch(スクラッチ)

おすすめの理由

Scratchは、子共のプログラミング教育によく使われる比較的簡単なプログラミング言語です。無料でストーリー、アニメーションやゲームを作ることができます。コードを書く知識がいらないので子供のプログラミング教育には最適です。

自分自身が作ったストーリー、アニメーションやゲームを世界中の人と共有することができるので、モチベーション維持しながら楽しく学ぶことができます。また、他人の作品を見て比較することもできるので他人の作品から刺激やアイデアをもらえるのもメリットの一つです。自分の作品や他人の作品で遊べるのでストーリー、アニメーションやゲームに興味のある子供が楽しく学習プログラムの入門学習ができます。プログラミングを将来始める時に基礎知識があるだけでスムーズに学習を進めることができます。子供のプログラミング教育に興味のある方は、お子さんと一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

サイト2 MOONBlock(ムーンブロック)

おすすめの理由

MOONBlockは、社会人のプログラミング教育でも使われているビジュアルプログラミング言語で、enchant.jsというHTML5とJavaScriptで簡単にゲームが作れるフレームワークです。ユーザ登録をする必要がなくブラウザ上で学習できるので初めやすいのでおすすめです。ブラウザ上にデータを保存できるので学習を途中で中断、再開することもできます。

Scratchより高度なプログラミング学習ができ、理解しやすさにもこだわっているサービスです。MOONBlockは、基本Scratchと同じでコードを書かずにブロックを組み合わせて学習しますが、実際にブロックを作るのに書かれたJavaScriptのソースコードを確認することができるので、どのようにコードを書けば実際に開発できるか学習することもできます。用意されたブロック以外にもJavaScriptのコードを書き、自分自身でブロックを追加することもできるので実践に近い学習もできます。柔軟にレベルに合わせてプログラミング教育のできるサービスなので、子供のIT教育に使ってみてはいかがでしょうか。

サイト3 プログラミン

おすすめの理由

プログラミンは、文部科学省が開発した子供向けビジュアルプログラミング言語です。特に小学生の子供向けの無料教育サービスです。難しい準備が不要で、パソコンとネット環境があればいつどこでもブラウザ上で簡単に子供のプログラミング教育ができます。

プログラミンは、絵を組み合わせることでプログラミングを行うので子供が簡単に学習できます。ScratchやMOONBlockと違い、動画で学習ができるのでたくさんの字を読みながら学ぶより子供にはわかりやすいというメリットもあります。手軽にプログラミングのイメージや基礎を楽しく学習させたい方は、子供のIT教育に使ってみることをおすすめします。

サイト4 VISCUIT(ビスケット)

おすすめの理由

Viscuitは、NTTによって開発された子供のIT教育向けのビジュアルプログラミング言語です。特に、小学校低学年以下の子供の教育に向いている無料サービスです。ScratchやMOONBlock、プログラミンと同じでコードを書かずに子供のプログラミング教育ができます。

子供自身が描いた絵を動ごかすことで学習できるので、楽しく子供のIT教育をすることができます。ゲームや絵を描くことが好きな子供には向いているサービスです。また、Viscuitはコンピュータの入門教育にも適しています。楽しくコンピューターに慣れることができるというメリットがあり、AndoidやiPhone,タブレットなどさまざまな媒体向けにアプリがあります。好きな媒体からいつどこでも親子で楽しむことができるのもメリットの一つです。

サイト5 Google Blockly

おすすめの理由

Google Blockly は、Googleが開発したビジュアルプログラミング言語です。簡単なゲームやパズルを進めていくことで子供のIT教育ができる無料のサービスで、ゲーム好きな子供には最適な教育方法です。

Google Blocklyには七つのアプリがあり、そのうちパズル、迷路、飛行機座席計算機が日本語対応していて、楽しくプログラミング学習ができます。日本語対応していないアプリで英語を使いながら学習に挑戦してみるのもおもしろいのではないでしょうか。プログラミング学習では英語を必要とする機会も多々あります。良い参考サイトや開発されたばかりの技術は英語で学習することが多いからです。好奇心のある子供には挑戦させてみましょう。

プログラミングに合う子供とは?

無理をさせないことが大切

子供の教育には、楽しさや好奇心を持たせることが大切です。無理なく自分がやりたいタイミングで学習させましょう。遊びに近い感覚でパソコンの使い方やタイピング、プログラミングなどのIT教育ができることが理想ではないでしょうか。

スマートフォンやタブレットに関心がある子供にはそれに対応したアプリを使い学習を始めると良いです。ゲームや塾などの代わりにIT教育に力を入れることでお金の節約や子供の将来の選択肢を広げることにもつながります。

【PR】子供のプログラミング教育ならtech boost

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related