Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

【子供向け】プログラミングソフト「Scratch」の特徴6選

2020年に子供のプログラミング教育が学校でスタートします。この教育制度がスタートする前から子供にプログラミングを教えたいという保護者の方も多いのではないでしょうか。今回は子供向けプログラミングソフトScratchの特徴について解説していきます。

子供でもプログラミングってできるの?

プログラミングという単語を聞くと理系の専門分野や、難しい、といったイメージを持たれる方が多いです。しかし、実はそのようなことはなく子供の時からプログラミングの学習をすることは可能です。

2020年に子供のプログラミング教育が必修化されることも背景にあり、子供のうちから論理的な思考を身に付ける教育が始まります。最近では子供向けのプログラミングスクールも多いですが、スクールに通わずにソフトを使った学習方法もあります。親子で一緒に楽しむことができる「ビジュアルプログラミング」というものが教育の取り組みで幅広く使われています。

ビジュアルプログラミングって?

ビジュアルプログラミング言語とは子供向けのプログラミング教育の取り組みで幅広く使われている、子供でもプログラムが組めるようコードが視覚的なパーツになっているプログラミング言語のことです。

普段プログラマーが使うプログラミング言語は英単語のテキストを記述しプロラムを作成します。しかしビジュアルプログラミングは画面上でパーツになっているテキストをブロックのように組み合わせてプログラムを作ります。

ビジュアルプログラミングのメリット2つ

メリット1 子供でも学習しやすい

ビジュアルプログラミングはブロックを組み合わせていくようにプログラムを作っていくので、視覚的で子供にもわかりやすく、無理にテキストの意味をはっきりと覚えていなくても作成できます。

普通にプログラミングの授業を受けた生徒より、ビジュアルプログラミングを用いた授業を受講した生徒の方の成績が良いという研究結果も出ています。

メリット2 子供でもコードを間違いにくい

ビジュアルプログラミングは小さいコードブロックをパズルのように組み合わせて作ります。また、多くのルールがビジュアルプログラミングの中にはあるのでそのルールに沿わないブロックはそもそも結合しません。文字がベースの一般的なプログラミングは1文字でも違うとエラーの表示だけですが、ビジュアルプログラミングだとそのようなミスは起こりにくいです。

ビジュアルプログラミングの中にも種類があり、操作の仕方も多種多様です。その中でも人気のソフト、「Scratch」についてご紹介します。

プログラミングソフト「Scratch」の特徴6つ

Scratchはアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したプログラミングの学習用ソフトです。ビジュアルプログラミングの中でも人気のあるソフトの一つで、コンピューターに命令を送って動作させるという点で、小学生向けのプログラミング学習現場ではよく利用されています。

日本語にも対応しておりNHK教育テレビ番組でもScratchが使われ、注目を集めているソフトです。

Scratch画像引用画像

出典: http://happy-stylelife.com/scratch%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%8... |

Scratchの特徴1 Webブラウザで使える

プログラミングの学習用ソフトは月額払いの会員制や、インストールが必要になるソフトも多いです。登録やダウンロードの段階で面倒になってしまいがちですが、Scratchはそのような手順を省き、私たちが使用しているパソコンにもともと入っているwebブラウザから簡単にアクセスして学習を始めることができます。

webブラウザというものは、Macでいうsafariや、WindowsのInternet Explorerのことです。webブラウザで利用できるということはどのパソコンからでもアクセスができるということになり、誰でもscratchを始めることができます。

Scratchの特徴2 オリジナルの作品ができる

Scratchは簡単にブロックを組み合わせることで作品ができます。子供にとってもハードルが低く始めやすいソフトとなっているため、試行錯誤を繰り返すことで子供自身の想像力を活かして作品を作ることができます。

Scratch公式のページを閲覧するとユーザーがScratchを使って作成された作品、ゲームが並んでおり、それをプレイすることも可能です。また、子供たちが作った作品を公開することができます。

Scratchの特徴3 大人でも楽しく学べる

Scratchは子供向けのプログラミング学習ソフトで8歳から16歳の年代の子供たちが利用の対象ですが、実はプログラミング未経験者も大人の方でも十分に楽しむことができます。Scratchは教育の現場で小学生から大学生と幅広く利用されています。もっと小さな子供にはScratchの簡略版、5歳から7歳の子供に向けた「ScratchJr」というソフトもあります。

保護者の方は子供のプログラミング学習をサポートするためにも、Scratchでプログラミング学習することをおすすめします。親子と一緒に楽しみながら作品を作ることもScratchならではの楽しみです。

Scratchの特徴4 教育者からの支持が多い

Scratchは子供たちにとってビジュアルプログラミングとして使いやすいという利点があるだけではありません。小学校や大学での教育現場でも多く活躍し教育者からも多くの支持を集めているソフトでもあります。

NHKの教育テレビ番組「Why!?プログラミング」でも数あるビジュアルプログラミングの中から、Scratchが採用されています。また、ベネッセでもプログラミング教育の中でScratchを使用する分野もあり、教育者に向けてもScratchは幅広く普及しています。

Scratchの特徴5 無料で使うことができる

Scratchは他のプログラミング学習教材と違い、使用用途に関係なく無料で学習することができます。ゲーム、アニメーションといった作品を作るだけでなくそれを公開することやそれをコピーしてアレンジした作品をリリースすることもお金を払うことなく行うことができます。

しかし、Scratchはたった1つですべてのプログラミング言語をマスターできるソフトではありません。プログラミングの基礎となるアルゴリズムの考え方や、プログラミングを始めるにあたっての基礎作りに最適なツールであることは忘れてはいけません。

Scratchの特徴6 世界中に発信できる

Scratchで作成したゲームやアニメーションといった作品は任意でシェアすることが可能です。Scratch内では作品のことを「プロジェクト」といいます。このプロジェクトを「Scratchコミュニティ」で共有することで他のユーザーに自分のプロジェクトを見てもらうことができます。

公開して共有することも可能ですし、他のユーザーのプロジェクトで遊ぶこともできます。そのプロジェクトをコピーして自分なりにアレンジしてもう一度公開することもできるので遊ぶ幅が広がるだけではなく、他のユーザーから勉強することができます。

子供のプログラミング学習には親のサポートも必要

ここまでScratchを使用することの特徴を説明してきましたが、子供のプログラミング学習には保護者の方のサポートが必要です。子供にとって身近に質問できる相手は親なので、親と一緒に考えたりプロジェクトを作成することが子供にとって楽しいプログラミング学習になります。

しかし、「子供をサポートするために自分が学習することは分かったけど何から手をつけて良いのか分からない」と不安に感じる保護者の方もいるのではないでしょうか。プログラミング学習では勉強の仕方によって短期間で基礎を身に付けることができます。

では、そのプログラミングの基礎をどのように身に付ければ良いのか、おすすめの学習方法を3つご紹介します。

学習方法1 書籍で学ぶ

一番メジャーな学習方法かつ、昔から存在する学習方法です。出版されているプログラミングに関する書籍は上級者向けの本だけでなく、初心者向けの本も多く出版されているため自分の難易度に合ったものを探すことができます。

また、書籍で学ぶ方法は自分のスキマ時間で学習することができ、学習場所も選ばない学習方法です。

学習方法2 スマホアプリで学ぶ

プログラミング学習用のアプリは有料のものから無料のもの、ゲーム感覚で学習できるや動画を見ながら学習できるものと幅が広く、書籍と同様で自分の好きな学習方法に合わせた学習ができます。書籍が苦手な方はアプリを使った学習がおすすめです。

ただ、先ほど紹介したScratchを使用した学習はスマートフォンには対応していないため、いつでもどこでも学習ができるわけではありません。

学習方法3 プログラミングスクールで学ぶ

短期間でプログラミングスキルを身に付けたい方におすすめの学習方法です。プログラミングスクールは書籍やアプリの学習と違って、専門知識を持ったメンターがついているのでプログラミング学習に多い挫折が少なく、この学習方法を強くおすすめします。

スクールではオンラインでの受講も可能なので無理に教室まで行かずに学習することができ、自分の生活に合わせやすいことも特徴の一つです。

【PR】tech boostで基礎力を身に付けよう

Scratchでプログラミングの学習をする子供をサポートするために、スクールに通って基礎力をつけることを勧めましたが「どのスクールを選らべば良いかわからない」という保護者の方も多いでしょう。

そこでおすすめするスクールがtech boostです。プログラミング未経験者からのスタートする方も多く、卒業生にはエンジニアとして活躍する人も多いです。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

子供にプログラミングを学んで欲しいけどプログラミングの経験がない方は基礎力を短期間で固めることのできる環境「tech boost」を検討してみてはいかがでしょうか。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related