Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月22日

【初心者向け】プログラミング言語PHPの書き方の基本

PHPは主にブラウザを使用したWEBサービスやWEBアプリケーション開発が出来るプログラミング言語です。他の言語に比べ比較的容易に使用出来るため、プログラミング初心者でどの言語から始めれば良いか迷っている方は、PHPから始めることをお勧めします。

PHPプログラミングの基本って?

PHPとは?

PHPはサーバーで動作するプログラム言語で、WebアプリケーションやCMSなどに広く利用されています。

PHPを理解できると、世界最大のシェアを持つCMSであるWordPressのテーマ開発が可能になるほか、LaravelなどのPHP製Webアプリケーションフレームワークを利用して、Webアプリケーションも制作可能です。

この記事ではPHPの概要と書き方などを紹介していきます。PHP学習の一歩めとして活用してください。

サーバーサイド言語の強みは?

サーバーサイド言語の強みは、サーバーの機能を活用できることです。

メールの送信やファイルの操作、時刻の取得、データベースとの連携やその他のサーバーとの連携など、さまざまなことができます。実務においてはWebサイトに設置されている問い合わせフォームを作る、Webアプリケーションのを構築するなどのケースで必要になります。

PHPの特徴って?

PHPの強みはHTMLと一緒に書けること、プログラミング初心者に優しい言語であることです。

PHP以外にもサーバーサイド言語は多数ありますが、HTMLの中に組み込める言語はPHPだけです。また、PHPは動的型付け言語であるため、多くのプログラム言語で必要な型宣言を必要としない初心者に優しいプログラミング言語だと言えます。

実行環境の構築が手軽

PHPは学習環境の用意がもっとも簡単なサーバーサイド言語でもあります。

多くのサーバーサイド言語は色々と事前知識や準備が必要ですが、PHPは一般的なレンタルサーバーであれば特別な設定なしに動作するほか、レンタルサーバーなどの環境がない場合でもXamppやMamppといったツールを利用すれば、すぐに手元のPCにPHPの実行環境が整います。

PHPの基本的な書き方を覚えよう

それではここから、PHPの基本的な書き方を解説していきます。PHPの実行環境がある人は、ぜひ、実際に打ち込んでみてください。

簡単なサンプルコードを元に解説します。



<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
<title>PHPのテスト</title>
</head>
<body>
<h1> <?php echo "PHPの出力テストです。";?></h1>
</body>
</html>

このサンプルコードの実行結果は、以下のようになります。PHPブロックがテキストに置き換わったのがわかります。
<!DOCTYPE html>
<html lang="en"><head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
<title>PHPのテスト</title>
</head>
<body>
<h1>PHPの出力テストです。</h1>
</body>
</html>

PHPファイルの保存の仕方

PHPを書き込むファイルを保存する時の拡張子は.phpです。

PHPはHTMLの中に書き込めるのが特徴の一つですが、ファイルの拡張子は.phpです。.htmlでは通常、動作しません。サーバーの設定によっては利用できますが、基本としては.phpを利用します。

PHPの開始タグと終了タグ

PHPの開始タグは <?php 、終了タグは ?>です。

PHPの書き方として、もっとも基本的なルールです。
PHPはその特性上HTMLの中に書き込むことも多いので、開始タグと終了タグを書き込まないと、HTML自体が正常に動作しないので注意が必要です。

また、開始タグと終了タグで囲まれた塊を、PHPブロックと呼ぶことがあります。

開始タグと終了タグの例



<h1> <?php echo "PHPの出力テストです。";?>;</h1>

コードの最後にはセミコロンを忘れずに

PHPではプログラム文の最後にはセミコロン;が必要です。つけ忘れた場合には、文法エラーが発生し、動作がストップしてしまいます。

セミコロンがプログラム文の終了となる言語は他にも多くありますので、もしPHPが初めてのプログラミングであるなら、この機会に書き方のクセにしてしまうと良いです。



<h1> <?php echo "PHPの出力テストです。";?></h1>

PHPは文法におおらかな部分の多い言語ですが、開始、終了などの書き方を間違えると動作を停止します。PHPの処理を加える場合にはPHPブロックをまず書き込み、一文一文セミコロンで区切りながらプログラムを書いていく、というのがおすすめの書き方です。

コードの間は半角スペース/タブ/改行で区切ると見やすい

コードを見やすく整えたい時には、半角のスペースやタブ、改行で整えていきましょう。

プログラムを書いていると、ひとつひとつの処理が長くなることがあります。これは仕方のないことです。しかし、プログラムは基本的に小さな処理の集合によって作られていく物です。

大量の処理が未整理のまま書き込まれていると、プログラムを読み解く時に非常に苦労します。

処理ごとに改行するなどしておくとプログラムの流れがグッとわかりやすくなるのでおすすめです。例として、整えられたコードと整えられていないコードを書いておきます。

整えられていないコード


<?php $x = 0; if($x = 0){echo "Xの値は0です。";}else{Xの値は0ではありません。};?>

整えられたコード


<?php
$x = 0;
if($x = 0){
echo "Xの値は0です。";
}else{
echo "Xの値は0ではありません。";
};
?>

整形したコードとしていないコードを見比べて、どちらが見やすいでしょうか。断然、整えられていた方がわかりやすいはずです。

コードを整えておくと、変数に何が格納されているのか、どのような処理が行われているのかが読み取りやすくなります。

コードを整えることは、後日そのコードを書き換える状況になった時、自分自身や同僚を助けることに繋がります。

また、プログラムのミスを見つけやすいという効果もあります。プログラムを作るときは、しっかり整えるように意識してコーディングを進めましょう。

全角スペースは使用しない

プログラム言語全般で言えることですが、全角スペースが紛れ込まないように注意してください。全角スペースがプログラムに入っていると、プログラムの実行をストップさせてしまうことがあります。

改行しない場合も多いの?

実際には改行をしないケースもあります。例えば、条件に応じてHTMLのクラス属性を与えるような場合には 、主役となるのはHTMLです。

HTMLの内部でPHPのための改行が頻繁に行われていると、HTMLの見やすさが低下してしまいますので、整形しない、という判断ができます。



<p class="<?php $categoryName = get_categoryName(); echo $categoryName ;?>">このpタグのクラスはPHPが処理した内容によって変わります。<p>



<p class=
"<?php
$categoryName = get_categoryName();
echo $categoryName ;
?>">
このpタグのクラスはPHPが処理した内容によって変わります。
</p>

整形したものと整形していないもの、PHPコードの部分だけを見れば確かに見やすくなっています。しかし、反対にHTMLが読みにくくなってしまいました。

改行するかしないか、コードの主従関係をよく確認た上で判断してください。

PHPはプログラマーへのファーストステップに最適

環境構築や文法の面で、PHPはプログラム初心者にとってもっとも取り掛かりやすいサーバーサイド言語です。PHP特有の文法などもないため、PHPを覚えた後にそのほかのサーバーサイド言語へステップアップするのも抵抗が少なく済みます。

ぜひ、PHPを通してバックエンドプログラミングの楽しさとスキルを身につけてください。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related